小林靖雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 靖雄(こばやし やすお、1922年7月1日 - 2003年10月6日[1])は、日本の経営学者。東京工業大学名誉教授、第3期日本中小企業学会会長

人物・経歴[編集]

東京出身。東京商科大学(現一橋大学)卒。1962年「原価管理に関する研究」で神戸大学経営学博士。1947年東京工業大学経営工学科助手(磯部喜一研究室)、1953年助教授、1962年教授、1976年工学部長、1983年定年退官、名誉教授、放送大学副学長、西東京科学大学(帝京科学大学)教授、1995-2000年同学長。2003年帝京大学医学部附属病院で死去。1998年勲三等旭日中綬章[2]。1979年日本経営工学会副会長。日本中小企業学会の設立に関与し、1986年から第3期会長[3] [4][5]

著書[編集]

  • 『科学的管理と労働』布井書房 労務管理シリーズ 1953
  • 『原価管理論』森山書店 1954
  • 『経営計画』金原出版 経営工学選書 1959
  • 『計画原価計算』中央経済社 1961
  • 『原価管理』森山書店 1961
  • 『固定費の管理』中央経済社 1965
  • 『設備投資管理』白桃書房 実践管理会計講座 1968
  • 『総合原価管理』森山書店 1972
  • 『経営管理 経営管理技法の体系』旺文社 テレビ大学講座 1982
  • 『経営管理 2 経営管理の原理と体系』放送大学教育振興会 1986
  • 『日本の中小工業 その経営視点』同友館 1993

共編著[編集]

  • 『中小企業の雇用問題』松本達郎水野武共編 有斐閣 中小企業叢書 1967
  • 『先進国の中小企業比較』加藤誠一滝沢菊太郎共編 有斐閣 中小企業叢書 1970
  • 『現代中小企業基礎講座』全5巻 加藤誠一、水野武共編集 同友館 1976
  • 『経営分析と財務管理』編著 放送大学教育振興会 1987
  • 『日本経済と産業と企業』伊東光晴編、共著 放送大学教育振興会 1989
  • 『企業の国際化と経営』編著 同友館 1994
  • 『中小企業とは何か 中小企業研究五十五年』滝沢菊太郎共編 有斐閣 1996

翻訳[編集]

  • K.メレロビッチ『コスト・マネジメント 原価計画と原価管理』松本雅男共監訳 日本事務能率協会 1962

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 「98年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、及び外国人の受章者一覧」『読売新聞』1996年11月3日朝刊
  3. ^ [1]日本中小企業学会
  4. ^ 『現代日本人名録』
  5. ^ 古川浩一「追悼 小林靖雄先生を偲んで」 経営システム 第14巻
先代:
伊東岱吉
日本中小企業学会会長
1986年 - 1989年
次代:
瀧澤菊太郎