松本達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 達郎
生誕 (1913-11-02) 1913年11月2日
日本の旗 日本東京府東京市小石川区小日向
死没 (2009-02-07) 2009年2月7日(95歳没)
出身校 東京帝国大学
主な受賞歴 勲二等瑞宝章(1986年)
西日本文化賞(1944年)
朝日文化賞(1960年)
日本学士院賞(1968年)
日本古生物学会賞(1981年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

松本 達郎(まつもと たつろう、1913年11月2日 - 2009年2月7日)は、日本の地質学者。

経歴[編集]

東京府東京市小石川区に生まれる。1936年東京帝国大学理科大学地質学科卒業。大学院に進んだ後、1936年九州帝国大学理学部の助教授、1944年同教授となる。1977年に九州大学退官し、以後名誉教授[1]。同年西南学院大学教授、1986年退職[2]2009年に心不全で死去。

白亜紀地層の研究を専門とする。戦前には大日本帝国の伸張に合わせ、樺太・マラヤなど環太平洋圏の白亜系の同定を積極的に進めた。戦後も日本各地の白亜系層序の研究を行ったが、特に白亜紀の海洋化石産地として世界に名高い蝦夷層群の発掘研究を行い、示準化石であるアンモナイトイノセラムスを多数発見し、白亜紀における進化の詳細を明らかにした。

平成8年より日本学士院会員[3]

出典[編集]

  1. ^ 岡田博有「堆積学を重視された松本達郎先生を悼む」(堆積学研究68巻(2009)1号)
  2. ^ 岡田博有「松本達郎九州大学名誉教授・日本学士院会員による日本の堆積学進展への貢献」(堆積学研究67巻(2008)2号)
  3. ^ 物故会員情報