小林可奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林可奈子
Kobayashi Kanako
Cycling (road) pictogram.svg
20170505 Coupe du Japon Kutsuki Kobayashi kanako.jpg
個人情報
本名 小林可奈子
こばやし かなこ
生年月日 (1970-05-24) 1970年5月24日(48歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 159cm[1]
体重 47kg[1]
チーム情報
分野 MTB・ クロスカントリー(XC)
ダウンヒル(DH)
役割 選手
アマ所属チーム
MTB クラブ安曇野
グランツール最高成績
主要レース勝利
日本の旗 日本選手権・XC 1994,1999,2017
DH 1994
 
獲得メダル
アジア競技大会
1998 タイ・バンコク クロスカントリー
最終更新日
2013年7月29日

小林 可奈子(こばやし かなこ、旧姓は谷川(たにかわ)、1970年5月24日- )は、埼玉県出身の自転車競技MTB・クロスカントリー・ダウンヒル)選手。青山学院大学出身。MTBクラブ安曇野主宰[2]

来歴[編集]

1994年の全日本マウンテンバイク選手権大会においてクロスカントリーとダウンヒルの二種目で日本一となる。1996年アトランタオリンピックにマウンテンバイク・クロスカントリー代表[1]として出場し23位となった。同年のアジア選手権で優勝。1997年にワールドカップ第二戦でクロスカントリー日本人最上位となる10位になっている。1999年の全日本選手権で2度目のタイトルを獲得。その後競技者として一線を退いたものの、2009年全日本選手権に7年ぶりに出場し4位となる。 2011年JCF MTB ジャパンシリーズ第四戦・白馬で優勝するなど参戦の機会が増え、2013年には全日本選手権で3位登壇、2014年にはJCF MTB ジャパンシリーズを制しシリーズタイトルを獲得した。2015年JCF MTB ジャパンシリーズに変わって開催されたCoupe du Japonでシリーズ優勝し、シリーズ二連覇を達成[3]。2017年全日本選手権で18年ぶりに3度目の日本一の座を手にした[4]。選手としての活動の他、居住地である安曇野にMTBクラブチームを設立してMTBを中心とした活動を主宰している。

主な戦績[編集]

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2002年

2009年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

脚注[編集]

外部リンク[編集]