小松崎文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松崎 文夫(こまつざき ふみお、1941年昭和16年) - )は、日本の作家・元教員国語科)。茨城県出身。正則高等学校で国語科教師として教鞭をとる傍ら、作家としても活動。万葉集を扱ったテーマが多い。愛称は「コマっちゃん」。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 皇子たちの鎮魂歌 万葉集の「虚」と「実」、新人物往来社、ISBN 4-404-03188-2
  • 神話の旅人 「東」から見る七世紀、「東」に見る八世紀、小学館スクウェア、ISBN 4797980087