小川正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小川 正子(おがわ まさこ、1902年3月26日 - 1943年4月29日)は日本の医師。手記『小島の春』で知られる。

1932年、希望して長島愛生園に勤務、光田健輔の指導を受ける。ハンセン病在宅患者の収容にいきその状況を『小島の春』に書く。その文学的価値は高く評価され、評判となり映画化された。物語は絶賛され、「小島の春現象」を産んだ。しかし、ハンセン病をこわい病気とし、無らい県運動に加担したという批判がある。

略歴[編集]

小川正子の墓(左)と、正子の同級生により昭和19年に建立された歌碑。山梨県笛吹市春日居町桑戸の佛念寺。撮影2011年12月

1902年3月26日山梨県東山梨郡春日居村(現在の笛吹市)に生まれる。1918年甲府高等女学校卒業。1920年遠縁にあたる樋貝詮三と結婚。1923年に離婚。1924年東京女子医学専門学校に入学。

1929年卒業時全生病院院長光田健輔を訪問。就職を希望するが、採用されなかった。東京市立大久保病院に勤務。内科、細菌学を研究。1930年賛育会砂町診療所勤務。1931年泉橋慈恵病院勤務。開業。

1932年6月12日長島愛生園にいき、医務嘱託として採用される。1934年医官。しばしば検診にいく。光田より検診の記録を残すように勧められる。1936年検診が続く。

1937年初夏。結核を発病。島で療養生活に入る。1938年肺疾患のために郷里にて静養する。11月『小島の春 ある女医の手記』を長崎書店より出版する。1940年「小島の春」が映画化される。

1941年、自主退職。1943年4月29日、41歳の若さで死去。1948年長島愛生園に歌碑建立。1984年東山梨郡春日居町名誉町民。1991年同町に小川正子記念館開館。

小島の春[編集]

1934年8月末、小川正子は光田園長から高知県に患者収容に行くことを命じられた。一行は山田書記、青山看護長と小川正子である。難所をこえ、人が集まる所では講演や映写もおこなう旅で、また相当な僻地において、未収容のらい患者を診察する経験を記した手記である。

この山中に十年、二十年と病み住めば男といえどもどうして山を下れよう。ましてや家には純朴な一徹な無智善良な肉親と周囲があって伝染ということさえ知らずに同じ炉を囲んで朝夕。そして悲劇は何時の日までも果てしなく続けられていく。(中略)母に寄り添って立っていた十一歳という女の子、まととない愛くるしい顔、背中の二銭銅貨大の痛みのない赤い部分、白い跡はおできのあとと母親はいうのだが、水泡を疑うのは非か。七つの子をあやしつつ、いぶかしいと思うところをつついてみると痛くない。(中略)病人のほかに二人とも異常があることになった。私は言い出す術をしらなかった。強いて微笑んではきたけれど、すべてが「手遅れ(ツーレート)」であった。

内容[編集]

土佐の秋(検診昭和9年9月)、再び土佐へ(昭和11年1月)、小島の春(その1、昭和11年4月)(その2、昭和11年7月)、国境の雲、(昭和11年7月)、阿波講演旅行の歌(昭和11年11月)、無名遍路の墓、淋しき父母(昭和12年6月)

名文に加えて、心を打つ短歌が多く添えられていることも、特徴であった。

  • これやこの夫と妻子の一生の別れかと想へば我も泣かるる
  • 夫と妻が親とその子が生き別る悲しき病世になからしめ

[1][2]

出版に向けてのエピソード[編集]

記録を書くように命じたのは光田健輔であるが、彼の努力は最初はうまくいかなかったので医師内田守に任せた。内田守は内田守人というペンネームを持つ「水甕」の歌人でのちに明石海人の『白描』を出版させた人であったから、小川への勧めも強引だったろう。自費出版には300円必要であったが、内田は小川を説得して100円出させ、内田は医局などで200円を工面した。光田は出さなかった。長崎次郎書店に頼んだが、書店も勝負とみて、各方面に送ったのが当たったという。

  • 長崎次郎書店は現在も熊本市新町4丁目 旧:新二丁目にある。店は国登録の文化財。店の主人は有名で、小倉日記に『歸途新町二丁目なる書肆の主人長崎次郎を訪ふ』とある。長崎出版とは別のものである。

称賛[編集]

当時の風潮もあり、映画化され絶賛の嵐であった。らい科学者でもあり文学者でもある木下杢太郎(医師としては太田正雄)は『小島の春』の文学的価値に限って高く評価した。”あれだけ感動させる力のあるのは事実の描写というものの他に作者のシンセリティ(誠実さ)と文学的素養があるからで、特殊性という付加物なしにも本当の文学だと思う。もうひとつは叙景がすばらしい。" しかし映画を見てからライ根絶の最良策はその化学療法にあると批判した。

『小川正子と愛生園』[3]には彼女に対する称賛の言葉が多数の人より寄せられている。

光田健輔、吉岡弥生、長崎次郎、土井晩翠、土井八枝、小林秀雄、夏川静江、高野六郎、田尻敢、林文雄、立川昇、内田守人、内田フミエ、宮川量、上尾登、桑野ユキ、山田清波、明石海人、二見博三、松村好之が書かれている。

この本の編集者名和千嘉は、愛生園で勤務した内科医で、宮古南静園で勤務したこともある。

小島の春現象[編集]

新井英子は『ハンセン病とキリスト教』という著書[4]の中で「小島の春現象」という言葉を造語したと述べている。正子は僅か6年ばかり検診、収容に従事しただけである。どうして正子だけが偶像化され、美化されたのであろうか。半世紀以上医療に従事した女医もいるのにもである。小川自身も聖医扱いをされるのに嫌悪を示した。阿部知二は、多くの人の心の中に次第に軍国主義化し非人間的になっていく時流に抵抗の念があったのだろうと述べている。小川の行為を皇軍の勇士にたとえている人もいる。ヒューマニズムを前面に出し、銃後を守る女の模範を示すということで一大ブームをなった。

  • ハンセン病医池尻愼一は、1940年、ハンセン病に関して著書『傷める葦』を書いてベストセラーとなり[5]、同年中に30版を数えた。彼の著書は文部省推薦となる。また、新聞広告に『小島の春』後日物語とある。これも一つの「小島の春現象」であり、無らい県運動を活性化した。

小川正子とキリスト教[編集]

前に記した新井英子は、その著書の第2章第3章と多くのページを使って小川正子について記述している。離婚したあと医学校に入学したことも、単なる良妻賢母主義でない、家庭をとびだした「新しい女」という考えを示している。小川はそれを突き進んで、無教会主義のキリスト者となったというのである。またリデルとの関連も記載している。新井は小川の中にある、教会のキリスト教にたいする一種の距離感、批判のようなものがあったと、晩年の歌によみとれると書いている。

批判[編集]

小川正子に対する批判はもちろんある。『小島の春』において、らいは一様に強力な伝染病のように書かれて、小川自身科学者としての良心が痛まないかと思われるほどである。光田の影響の下、妊娠、分娩による負担から女性の病状が極端に悪化することが多いという結論を導いている。 [6]新井英子は啓蒙活動をしている小川正子がらい患者の断種を正当化しているのは矛盾であると批判している。 泉潤は小川は彼女自身が実体験した事柄について、「絶対隔離政策という国策の矛盾に気づく機会は十分にある」と論じている。[7]

また、断種、堕胎に小川が関わったことは確認はないが、療養所の医官であったなら知っているはずだとも泉はいう。また小川が結核療養に使った家屋が、ハンセン病療養所より高級なものだったことを批判している。

文献[編集]

  • 『小川正子と愛生園』 名和千嘉  1988 矢野印刷 大阪 多くの関係者の写真が掲載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 坂入美智子 『潮鳴りが聞こえる -私の小川正子』 不識書院 2001 ISBN 4-938289-81-4
  2. ^ 小川正子『新装 ある女医の記録 小島の春』 長崎出版1981(2003 新装)ISBN 4-86095-008-9
  3. ^ 『小川正子と愛生園』 名和千嘉編 1988年
  4. ^ ハンセン病とキリスト教 新井英子 岩波書店 1996
  5. ^ 池尻慎一 『傷める葦』(1940) 山雅房発行。
  6. ^ 小川正子 レプラ 1934年3月
  7. ^ 「活きつづける光田イズム」 泉潤 ハンセン病市民学会年報 2005