小島道裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小島 道裕(こじま みちひろ、 1956年 - )は、日本の歴史学者国立歴史民俗博物館教授総合研究大学院大学教授)。専門は、日本中世史(戦国時代)。博士文学)(京都大学、2006年)。横浜市生まれ。

略歴[編集]

  • 1980年 京都大学文学部史学科卒業
  • 1985年 京都大学大学院文学研究科博士課程単位修得
  • 1985年 京都大学研修員
  • 1986年 京都大学助手
  • 1989年 国立歴史民俗博物館助手
  • 1994年 国立歴史民俗博物館助教授
  • 2006年 京都大学より博士(文学)。論題は「戦国・織豊期の都市と地域 」[1]
  • 2007年 国立歴史民俗博物館准教授
  • 2008年 国立歴史民俗博物館教授

著書[編集]

  • 『城と城下―近江戦国誌』 (新人物往来社、1997年)
  • 『イギリスの博物館で 博物館教育の現場から』 (歴史民俗博物館振興会、2000年)
  • 『戦国・織豊期の都市と地域』 (青史出版、2005年)
  • 『信長とは何か』 (講談社選書メチエ、2006年)
  • 描かれた戦国の京都 洛中洛外図屏風を読む 吉川弘文館 2009.10

共編著[編集]

  • 天下統一と城 歴博フォーラム 千田嘉博共著編 塙書房 2002.3
  • 美術資料に歴史を読む 漆器と洛中洛外図 日高薫共編 総研大日本歴史研究専攻 2009.3
  • 武士と騎士 日欧比較中近世史の研究 思文閣出版 2010.3

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]