寺門泰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺門 泰彦(てらかど やすひこ、1934年12月 - )は、英文学者、学習院大学名誉教授。

1964年東京大学大学院英文科修士課程修了。学習院大学文学部助教授、教授。2005年定年。20世紀アメリカ文学のほか、サルマン・ラシュディを研究、翻訳する。

翻訳[編集]

  • 今日のアメリカ作家たち ピエール・ドンメルグ 白水社 1966 (文庫クセジュ)
  • 推理小説論 恐怖と理性の弁証法 ボワロー=ナルスジャック 紀伊国屋書店 1967
  • 鳩の羽根 ジョン・アプダイク 白水社 1968
  • 喪われた大草原 アメリカを創った十五の小説 ジャック・カボー 平野幸仁、金敷力共訳 太陽社 1968
  • ケンタウロス ジョン・アプダイク 古宮照雄共訳 新しい世界の文学 白水社 1968
  • いちばん幸福だったとき J.アプダイク 現代アメリカ短編選集第3 白水社 1970
  • 悪い男 スタンリー・エルキン 新潮社 1971
  • フロイトH・マルクーゼ 山本貞夫、山田仁彰共訳 太陽社 1974
  • アーネスト・ヘミングウェイ カーロス・ベーカー 大橋健三郎と監訳 新潮社 1974
  • 一人称単数 アップダイク 新潮社 1977.10
  • ハード・キャンディ 白水社 1981.6 (テネシー・ウィリアムズ小説集)
  • 真夜中の子供たち サルマン・ラシュディ 早川書房 1989.1
  • ウィーン1899年の事件 ラリー・ウルフ 晶文社 1992.7
  • 東と西 サルマン・ラシュディ 平凡社 1997.4
  • ブラジル ジョン・アップダイク 新潮社 1998.11
  • ムーア人の最後のため息 サルマン・ルシュディ 河出書房新社 2011.2