富永祐治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富永 祐治(とみなが ゆうじ、1902年(明治35年)3月29日 - 1997年7月25日)は、日本の交通経済学者大阪市立大学経済学部名誉教授。

来歴[編集]

東京商科大学(のち一橋大学)卒、大塚金之助に師事。1929年大阪商科大学付属大阪市経済研究所勤務、1933年大阪商大助教授、教授、1953年「交通における資本主義の発展」で大阪商大経済学博士大阪市立大学経済学部教授、1965年定年退官、名誉教授。都市交通研究所長。

著書[編集]

  • 『本邦鉄鋼業と関税』大阪商科大学経済研究所 1932
  • 『交通学の生成 交通学説史研究』日本評論社 1943 大阪商科大学研究叢書
  • 『交通における資本主義の発展 日本交通業の近代化過程』岩波書店 1953
  • 富永祐治著作集』全3巻 やしま書房 1989-1990
共編著

翻訳[編集]

参考[編集]