富山師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富山師範学校(とやましはんがっこう)は、現在の富山大学人間発達科学部(旧教育学部)の前身の一つとなった師範学校である。所在は現在の富山県富山市西田地方(にしでんじがた)付近であった。

沿革[編集]

新川県立期[編集]

新川県講習所、新川県師範学校[編集]

  • 1873年(明治6年) 教員養成を目的として新川県講習所発足
  • 1875年(明治8年) 新川県師範学校と改称する

石川県立期[編集]

石川県富山師範学校、石川県第二師範学校、石川県富山小学師範学校[編集]

  • 1876年(明治9年) 新川県の石川県への編入により石川県富山師範学校と改称する
  • 1877年(明治10年) 石川県第二師範学校と改称する
  • 1881年(明治14年) 石川県富山小学師範学校と改称する

富山県立期[編集]

富山県富山師範学校、旧・富山県師範学校[編集]

  • 1883年(明治16年) 現・富山県成立により富山県富山師範学校と改称する
  • 1884年(明治17年) 富山県師範学校と改称する

富山県尋常師範学校[編集]

  • 1886年(明治19年) 富山県尋常師範学校と改称する

富山県師範学校[編集]

  • 1898年(明治31年) 文部省令により富山県師範学校となる

富山県女子師範学校[編集]

  • 1917年(大正6年) 富山県女子師範学校発足

官立期[編集]

富山師範学校[編集]

  • 1943年(昭和18年) 国に移管され、官立富山師範学校となる
  • 1949年(昭和24年) 国立富山大学に包括される

歴代校長[編集]

富山県師範学校(前身諸校を含む)
  • 小野恒剛:1892年4月1日 - 1894年8月20日
  • 桑原護一:1894年8月24日 - 1897年10月23日
  • 内山行貫:1897年10月23日 - 1899年10月26日
  • 赤木万次郎:1899年10月26日 - 1902年7月2日
  • 安藤季雄:1902年7月28日 - 1912年2月22日
  • 秋鹿見橘:1912年2月22日 - 1916年4月14日
  • 古川正澄:1916年4月14日 -
富山県女子師範学校
  • 佐々木松蔵:1917年3月14日 -
  • 楠品次:1923年3月31日[1] -
富山師範学校
  • 福富正吉:1943年4月1日[2] - 1945年1月25日[3]
  • 伊東法俊:1945年1月25日[3] -

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3199号、大正12年4月2日。
  2. ^ 『官報』第4865号、昭和18年4月2日。
  3. ^ a b 『官報』第5407号、昭和20年1月26日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]