家屋雑考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

家屋雑考』(かおくざっこう)は沢田名垂の著作による、日本の歴史上の住宅についての解説書である。5巻。『百家説林』正篇下、『増訂故実叢書』中、に所収。

概説[編集]

成立した年代については、序文に「天保十三年葉月十日余り」とあることから、1842年の旧暦7月10日過ぎに出版されたものとみられる。著者68歳の時である。本書著作の動機を同じく序文で「上代このかた、貴族階級から下々に至るまでさまざまのかたち、移り変わりがあり、歴史や風土記・伝記に出てくる家についての記事には色々理解できないことがある。家屋の起源から公家と武家の家の造りの変遷を手始めに編纂した。このたび藩主松平容敬公に呈上するものである。云々」とある。

原典の構成[編集]

  • 住まいの発生と沿革(古事記に現れるイエ・ヤ・神宮等)
  • 奈良平安期における公家の寝殿造り。(主殿・寝殿造り・塗籠=(納戸)等)
  • 楼閣・屋根や蔀、門の形式等。(四阿・瓦屋他)
  • 古代末から中世における武家のすまい。(武家造り等)
  • 書院造りについて。

影響と価値[編集]

本作品を語る場合に挿図の存在を見逃せない。平安期の上流階級の住まいである寝殿造りの項に挿図があり、それが寝殿造りの概念を多くの人に伝える為に計り知れない役割をはたしている。明治以後の教科書等では、平安時代の公家の生活を説明する時には必ずといってもいいほど本書の挿図が使われた。