宮森和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮森 和夫(みやもり かずお、1902年9月17日 - 1988年1月9日)は、日本の実業家。元丸善石油(現コスモ石油)社長、会長。広島県三原市出身。1971年、藍綬褒章受章。

人物・来歴[編集]

三和銀行(現三菱UFJ銀行)副頭取だった1964年、 累積赤字が膨らみ経営危機を叫ばれた丸善石油の社長を買って出て、アブダビの石油を掘り当てるなどで同社を再建させた[1]

略歴[編集]

  • 1902年 - 出生
  • 1920年 - 麻布高校卒業
  • 1925年 - 明治大学商学部卒業
  • 1925年 - 三和銀行(現三菱UFJ銀行)入社
  • 1956年 - 同取締役
  • 1957年 - 同常務取締役
  • 1959年 - 同専務取締役
  • 1960年 - 同取締役副頭取
  • 1964年 - 丸善石油取締役社長
  • 1976年 - 同会長

脚注[編集]

  1. ^ 『幹部の責任』p.197-203。

参考文献[編集]

  • 伊藤肇『幹部の責任』 (株) 徳間書店、1987年