宝の洞窟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝の洞窟 』(たからのどうくつ、Cave of Treasures、シリア語: Me`ârath Gazzê、アラビア語: Maghârat al-Kanûz、ゲエズ語: Ba`âta Mazâgebet)は、単に『』(The Treasure)と呼ばれることもある、外典福音書文献[1][2][3][4][5]。シリア語で書かれており、4世紀または5世紀の文書が7世紀に編纂されたものと考えられている[6]

起源[編集]

この文書は、シリアのエフレム(306年 - 373年)によって記述されたものだが、現在の形になったのは6世紀以降であると一般的に考えられている。

アダムからキリストまでの神と人間の関わりの歴史に関する最も古いキリスト教文献は、おそらく原典が5世紀または6世紀に成立した『アダムとイヴとサタンの対立』である。『宝の洞窟』の作者は、その内容を主に『アダムとイヴとサタンの対立』から借用したか、共通の情報源を参照していた。

参考文献[編集]

  1. ^ Alexander Toepel, “The Cave of Treasures,” in Old Testament Pseudepigrapha: More Noncanonical Scriptures, ed. Richard Bauckham, James R. Davila, and Alex Panayotov (Grand Rapids, MI: William B. Eerdmans Publishing Company), 2013
  2. ^ Su-Min Ri, ed., La Caverne des Trésors: Les deux recensions syriaques (CSCO 486–7, scrip. syri 207–8; 2 vols; Lovanii: E. Peeters, 1987).
  3. ^ Minov, Sergey (2013-01-01), “The Cave of Treasures and the Formation of Syriac Christian Identity in Late Antique Mesopotamia: Between Tradition and Innovation”, Between Personal and Institutional Religion, Cultural Encounters in Late Antiquity and the Middle Ages (Brepols Publishers) 15: pp. 155–194, doi:10.1484/m.celama-eb.1.100744, ISBN 978-2-503-54131-0, https://www.brepolsonline.net/doi/abs/10.1484/M.CELAMA-EB.1.100744 2020年2月16日閲覧。 
  4. ^ Leonhard, Clemens. "OBSERVATIONS ON THE DATE of THE SYRIAC CAVE or TREASURES." The World of the Aramaeans: Studies in Honour of Paul-Eugène Dion 3 (2001): 255-293
  5. ^ Wet, Chris L. de (2017-07-14) (英語). The Unbound God: Slavery and the Formation of Early Christian Thought. Taylor & Francis. ISBN 978-1-315-51304-1 
  6. ^ Wet, Chris L. de (2017-07-14) (英語). The Unbound God: Slavery and the Formation of Early Christian Thought. Taylor & Francis. ISBN 978-1-315-51304-1 

外部リンク[編集]