定吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

定吉(さだきち)は、落語に登場する架空の人物。江戸落語上方落語を問わずさまざまな噺で活躍する、商店の丁稚の代表格である[1]

キャラクター[編集]

10代前半ぐらいの少年として描かれることが多い。一人称は「私」か「あたい」。大人に囲まれて生活していることもあり、こましゃっくれた傾向があるが、言動にはまだ幼さが残っている[2]

頭に『超』が付くほどの芝居マニアであり、そのマニアぶりは「三度の飯を四度食べる」と称すほど[1]。そのため、日常生活でもつい芝居っ気が出てしまうことが多く、それにまつわる失敗もかなりある[1]

たまに、主や若旦那の浮気を手伝ったり、店の娘と手代の仲を取り持つこともある[1]

主な登場作品[編集]

  • 蛙茶番[1]:色々とあって、『天竺徳兵衛』の「忍術ゆずり場」に出てくるガマの役を仰せつかる。
  • 七段目[1]:若旦那と芝居ごっこをして、二階から転がり落ちる。
  • 蛸芝居』:大旦那に怒られながらも、芝居をやりつつ業務をこなす。
  • 茶の湯[3]:茶道を始める隠居に誤った『お茶』を出し、騒動の発端を作る。他の作品に比べ、やや天然ボケ気味な性格に描かれる。
  • 花見小僧おせつ徳三郎・前編)』[3]:若い恋人同士の間を取り持っていたが、それがばれて攻め立てられる。
  • 四段目[3]:お仕置きで閉じ込められた蔵の中で、「仮名手本忠臣蔵」の四段目を演じる。
  • 寝床[3]:「この世のものとは思えない」浄瑠璃から逃れるために聴衆のほとんどが居眠りをする中、ただ1人起きていた。

落語以外への登場[編集]

  • 日本香堂から販売されている『毎日香』という線香のCMキャラクターに採用されている。キャラクターとしての名前は「さだきちくん」である。CMナレーションは長きにわたり5代目三遊亭圓楽が担当、定吉自身の声は声優藤田淑子が担当している。
  • 定吉七番』という東郷隆原作の小説とテレビゲームがある。主人公の定吉七番は、架空の組織である大阪商工会議所の丁稚であるとともに、スパイ(ジェームズ・ボンドのパロディ)でもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『落語登場人物辞典』 71頁。
  2. ^ 『落語入門百科』 121頁。
  3. ^ a b c d 『落語登場人物辞典』 72頁。

参考文献[編集]