安部奈知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安部 奈知(あべ なち 1970年1月13日 - )は、東京都町田市出身の元アメリカンフットボール選手でアメリカンフットボール解説者。日本大学フェニックス在籍中、ライスボウルで3度優勝、大学卒業後、Xリーグリクルートシーガルズでもライスボウルで2度優勝した。1999年にはアメリカンフットボール日本代表としてアメリカンフットボール・ワールドカップで優勝した。2002年ソルトレークシティオリンピックではボブスレー代表に選ばれた。現在はアメリカンフットボール解説者をしている。

経歴[編集]

日本大学第三高等学校では野球部に所属し甲子園を目指していた。日本大学に進学しアメリカンフットボールを大学から始めた。自らはタイトエンドにあこがれていたが内田正人コーチ(元日大フェニックス監督)にセンターとして育てられ2年次にレギュラーの座をつかんだ。大学時代1989年から1990年とライスボウルで2年連続優勝し[1][2]卒業後、リクルートシーガルズに入団し1年目まではセンターを務めた。

優れた身体能力を生かすため翌年から念願のタイトエンドにコンバートされて[3][2]、1996年、1998年にライスボウルで優勝、1999年の第1回アメリカンフットボール・ワールドカップ日本代表として決勝のメキシコ戦ではオーバータイムに決勝TDをキャッチした[4]NFL入りを目指し1997年、1998年、2000年とNFLヨーロッパのトライアウトに合格し[5][6]NFLヨーロッパでプレーしたり、1998年にはNFLカンザスシティ・チーフス、2000年にはアトランタ・ファルコンズのキャンプに参加、2000年東京ドームで行われたアメリカンボウルにはチームの一員として来日した[7]がNFL入りはならなかった。

2001年にボブスレー日本代表に選出されボブスレー・ワールドカップ2002年ソルトレークシティオリンピックに出場した[8][6]


現在はNFL on 日テレG+NFL倶楽部などでNFLの解説、2011年10月からはWOWOWにてランジェリー・フットボール・リーグの解説を行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梶山龍誠 (2009年). “甲子園ボウルの想い出”. 甲子園ボウル. 2010年8月21日閲覧。
  2. ^ a b MIPスポーツ・プロジェクト”. MIP. 2010年8月21日閲覧。
  3. ^ 「オービックシーガルズ歴代ベストイレブン」ファン投票 結果発表”. オービックシーガルズ (2008年11月7日). 2010年8月21日閲覧。
  4. ^ 第1回イタリアW杯パレルモ大会”. 第3回アメリカンフットボール・ワールドカップHP. 2010年8月21日閲覧。
  5. ^ NFLヨーロッパトライアウト”. NFL JAPAN (2003年). 2010年8月21日閲覧。
  6. ^ a b 出演ゲストデータ ジャンクSPORTS”. フジテレビ date=. 2010年8月21日閲覧。
  7. ^ NFL TOKYO 2000観戦記
  8. ^ ソルトレイクシティオリンピック情報 日本選手団プロフィール”. 日本オリンピック委員会. 2010年8月21日閲覧。

関連項目[編集]

  • 松本義幸 - 日本大学フェニックスで彼と同期だったQB。オービックシーガルズでも共にプレーした。

外部リンク[編集]