安藤仲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 仲太郎(あんどう ちゅうたろう、文久元年8月14日1861年9月18日) - 大正元年(1912年12月11日)は、明治時代洋画家江戸八重洲河岸生まれ。肖像画を得意とした。日本で最初の洋画家・高橋由一で、早くから伯父・高橋由一に洋画を学んだ明治洋画開拓者の一人である。

略歴[編集]

  • 伯父である高橋由一の画塾「天絵舎」(天絵楼・てんかいろう)に入り、由一に師事。
  • 明治22年(1889年)、パリ万国博覧会で佳作賞を受賞。同年、東京府工芸品共進会に『夕干狩の景』を出品する。
  • 明治26年(1893年)、シカゴ万国博覧会出品、コロンブス記念世界博覧会に出品のため渡米。
  • 明治28年(1895年)、内国勧業博覧会で黒田清輝らとともに審査員に任命される。
  • 明治29年(1896年)、黒田清輝らと白馬会を結成し、創立に参加する。
  • 明治42年(1909年)、白馬会・第12回展まで出品する。
  • 明治44年(1911年)、朝鮮旅行中に李王家肖像画を依託される。
  • 大正元年(1912年)、李王家の肖像画制作中の12月11日死去、52歳。

代表作[編集]

関連項目[編集]