安倍慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安倍 慎太郎(あべ しんたろう、1850年嘉永3年)? - 1882年明治15年)10月10日)は、日本の政治家。

経歴[編集]

長門国大津郡日置村蔵小田(現・山口県長門市油谷蔵小田)の安倍家に生まれ、安倍家中興の祖と評される。安倍家は江戸時代に大庄屋を務め、酒と醤油の醸造を営む大地主であり、地元の名門として知られた豪家である[1][2]。慎太郎は明治12年(1879年)の第1回山口県議会議員選挙に当選、中央政界入りを狙うも明治15年(1882年)10月10日に32歳で死去した[2][3]

親族[編集]

安倍慎太郎には直系が育たなかったため、妹のタメが郡内で名門として知られる椋木(むくのき)家から彪助を婿養子に迎える[4]。彪助はタメとの間に一人息子・を儲けた[2]。寛の息子には安倍晋太郎、孫には安倍晋三岸信夫がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 石井潤一郎 (2015年6月3日). “(70年目の首相 系譜:8)非戦唱えた、もう一人の祖父”. 朝日新聞デジタル. http://digital.asahi.com/articles/DA3S11787965.html 2015年9月27日閲覧。 
  2. ^ a b c 青木理 『安倍三代』 朝日新聞出版2017年1月、18頁。全国書誌番号:22845170ISBN 9784023315433
  3. ^ 『気骨 安倍晋三のDNA』 44頁
  4. ^ AERANo.35

参考文献[編集]

  • 野上忠興『気骨 ―安倍晋三のDNA』講談社、2004年 44頁
  • 青木理『AERA』朝日新聞出版、2015年 55頁