守屋英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
守屋 英一
(もりや えいいち)
Moriya eiichi.jpg
2012年5月撮影
国籍 日本の旗 日本
教育 中央大学大学院
業績
専門分野 サイバーセキュリティ
勤務先 インターネットセキュリティシステムズ
日本IBM
内閣官房
受賞歴 2012年度JNSA表彰個人の部を受賞(2012年)
2014年度マイクロソフトMVPを受賞(2014年)
2015年度マイクロソフトMVPを受賞(2015年)

守屋 英一(もりや えいいち)は、明治大学ビジネス情報倫理研究所客員研究員(元内閣官房上席サイバーセキュリティ分析官)である。

人物[編集]

2016年中央大学大学院 戦略経営研究科経営法務専攻経営修士(専門職)課程修了、2001年インターネットセキュリティシステムズ(ISS)に入社。2007年日本アイ・ビー・エム(IBM)に入社。セキュリティオペレーションセンター運用責任者、IBM Computer Security Incident Response Team(CSIRT) Forensic analystを経て。2015年より内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)上席サイバーセキュリティ分析官に従事。シーサート協議会専門委員及びインシデント事例分析WG主査、明治大学ビジネス情報倫理研究所客員研究員を兼ねる。また、ゲスト講師として明治大学「ナレッジ・マネジメント特論」(2013年)「経営情報システム」(2016年)、中央大学「技術と法」(2014年-2016年)および愛媛大学「経営情報システム論Ⅰ」(2015年)を務める。主著に『フェイスブックが危ない』(文藝春秋),『サイバーセキュリティ』(共著、NTT出版),『ネット護身術入門』(朝日新聞出版)等。2012年度JNSA表彰個人の部を受賞。2014年-2015年Microsoft MVP for Consumer Securityを受賞。

委員会・WG[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

新聞・雑誌[編集]

講演[編集]

調査報告書[編集]

著書[編集]

表彰[編集]

外部リンク[編集]

  • 電子メール:moriyaeiichi44@gmail.com