宇尾光治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇尾 光治( うお こうじ 、1925年2月4日 - 1992年10月16日)は日本物理学者。専門分野は核融合プラズマ物理学

経歴[編集]

北海道札幌市生まれ。1952年京都大学工学部電気工学科卒。同大学助手、講師、1960年 京都大学工学博士「同軸積層ケーブルの伝送特性 」、アメリカプリンストン大学研究員、西ドイツマックスプランク研究所研究員、イギリスカラム研究所研究員を経て、66年京大教授。

50年代よりヘリカル型核融合装置の研究に従事し、58年に独自のヘリオトロン方式を提唱した。以降も実験を重ねながら装置の改良を進め、76年からは同大学ヘリオトロン核融合研究センター長も併任。ヘリカル・ヘリオトロン型は、当時の主流であったトカマク型に比べ、プラズマの安定性に優れているため、89年に設立された核融合科学研究所の研究装置に採用された。

88年退官、名誉教授。91年紫綬褒章受章。

妻は生物学者で、ゴキブリの研究で知られる宇尾淳子

外部リンク[編集]