学童擁護員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1960年頃の学童擁護員

学童擁護員(がくどうようごいん)とは、小学校通学路上に立ち、児童通学における安全確保に当たる職員のことである。児童の校外での様子にも、さりげなく気を配っている。女性の学童擁護員については、緑のおばさん(みどりのおばさん)という愛称で親しまれていた。この愛称は、交通安全のシンボルカラーである緑色の制服や帽子を身に着けていたことに由来する。 英語では: lollipop womanというが、これは欧米で学童擁護員が持っている標識が棒付きキャンデー: lollipop)に似ていることが由来である。

1959年(昭和34年)11月19日東京都においてこの制度が始まった。まだ女性の職場が少なかった戦後復興期に、寡婦雇用対策として創設された職業である。

創設当初、勤務時間は午前2時間、午後3時間で、日当は315円であった。1961年以降、各地に広がった[1]

当初は臨時職員であったが、1965年より東京都の正職員となった。長らく児童を見守る存在として親しまれたが、最近その存廃が議論されている[2] [3]

東京都以外にも、道府県によっては似たような役割を果たす地方自治体の臨時職員やボランティアがあったが、やはり東京都の例と同じように存続について議論されたり、廃止されたりする例が相次いでいる。そのうちの一部には、交通安全の啓発活動などを行なうボランティア団体「交通安全母の会」の母体となったものもある。

参考文献[編集]

  • 「調理士と学童擁護員の指導」『人事管理と渉外』 葛巻政男、明治図書出版〈学校経営問題新書;9〉、1968年。全国書誌番号:68008184 68008184NCID BA49237675
  • 小山内博「学童擁護員の健康」、『労働の科学』第4巻3,4、労働科学研究所出版部、川崎、1972年2月、 88-91頁、 ISSN 00357774、 全国書誌番号:00357774
  • 木浦一子「車道から歩道から 児童の交通安全と学童擁護員」、『交通工学』第21巻第2号、丸善、1986年3月、 42頁、 ISSN 04544595、 全国書誌番号:00007967
  • 木村太郎(2011年9月)「女性の学童擁護員(みどりのおばさん)に関する質問主意書」第178回国会 45、衆議院事務局。

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

脚注[編集]

[ヘルプ]