通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
通学風景(とともに通学する小学生姉妹

通学(つうがく)とは、児童生徒学生学校へ行ったり、学校から帰ったりすること。登下校(とうげこう)とも言う。

概説[編集]

通学範囲[編集]

通学範囲の制限は以下の二点のどちらか、もしくは両者の組み合わせで決められる。通学範囲について特に規定の無い学校もある。

  • 地域を指定する学区(校区)。
  • 通学にかかる時間で制限する。

形態[編集]

登下校の形態は、児童・生徒・学生の生活環境等の事情により様々であるが、

  • どこから通うか
  • どのような交通手段を使うか

に大別して考えることにする。

どこから通うか[編集]

公立小学校中学校にあっては、一般に自宅から通う者がほとんどだが、稀に自宅以外から通う者もいる。自宅以外の例としては、学校の下宿が挙げられる。公立の高等学校では、学区がある都道府県普通科では自宅から通う者が多いが、学区がない都道府県の普通科や専門学科総合学科では自宅以外から通う例も見られる。高等教育私立学校大学では、学区(校区)制が無いため、学校の立地条件・交通手段・学生や生徒の事情などの状況により異なっているため様々である。

交通手段[編集]

交通手段としては、以下に挙げるものが考えられる。

  • 徒歩 - 学校から自宅まで近距離の場合、歩いての通学。小学校などでは、登校時に班を作って、集団で登校をする学校や地域もある。
  • バス - 学校から自宅まで中・遠距離の場合に利用。一般に路線バスを用いる。過疎地や山間部などでは小中学校でも認められているところもあり、そのような場合、バス会社が協力して通学用にバスを運行する例も見られる。スクールバスも参照のこと。
  • 鉄道 - 学校から自宅まで中・遠距離の場合に利用。電化された鉄道を使う場合は電車を使うことが多いため、「電車通学」と言う方が一般的。ただし、気動車等の非電化の鉄道路線からの通学も「電車通学」と言うことが多い。
  • 船舶 - の架かっていないなどを渡って通学する場合に利用。島嶼部を中心に多く見られる。
  • 自転車 - 学校から自宅まで中距離の場合に利用。小学校・中学校・高等学校などでは学校に許可を取らなければならないのが一般的。
  • オートバイ - 学校から自宅まで遠距離の場合に利用。バイク通学とも。高等学校では禁止されている学校が多いが、過疎地では鉄道やバスなどの公共交通機関が少ないため、例外的に認められているところがある。一部の大学でも認めている場合がある。学校に許可を取らなければならないのが一般的。
  • 自動車 - 学校から自宅まで遠距離、公共交通機関の利用が不便、時間短縮、安全確保などの理由で利用。家族、専属運転手、地域の担当者、学校の教師などが運転、もしくはタクシーを利用し目的地に送り届ける。しかし校則で禁止されている学校も多い。一部の大学では本人の運転による通学を認可している場合もある(豊田工業大学長崎ウエスレヤン大学愛知産業大学関西学院大学名古屋商科大学など)。

以上のものを組み合わせた通学形態をとることもある。例えば、自宅から最寄のを利用するに当たって、駅まで自転車を利用し、学校の最寄り駅から徒歩といった交通手段が考えられる。また、スクールバスという、自宅などと学校を結ぶバスを利用するという形態もある(学校法人が直接運営するもの、学校と契約しているバス会社が運行するもの、公立学校を持つ自治体が運行するものなどさまざまで、自治体運行は通学区域が広大なうえ、冬が長く徒歩通学時の安全確保が難しい北海道で多い)。

バスや鉄道、船舶を利用する場合、学校に申請することで、通学定期券を利用することができる。

通学路[編集]

自宅などから学校へ通う道のこと。登校時間帯は、学校近隣を中心に自動車通行禁止となっている道もある。

校区が広い場合は、地元の公立小中学校でも、自宅から学校まで10キロメートル以上もするところもある。また、地元の学校に通っていない場合は、通学路が数十キロメートルあるというのも珍しくない。

通学時間[編集]

通学にかかる時間は、自宅と学校の場所によってまちまちである。近ければ1分、遠ければ1時間以上を要することもあり、その幅が広い。

普通、学校は始業時刻・終業時刻が定められており、通学の時間帯は、この始業・就業時刻と通学の所要時間とで決まってくる。また、下校の時間帯は、その日の日課や放課後の活動の有無などによっても変わってくることがある。バスや鉄道、船舶などの公共交通機関を利用する場合、通学の時間帯は通勤ラッシュと重なることもあり、特に初等教育期などにあっては、児童にとって負担となることもあり、これらを避けるための配慮を必要となる場合もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]