交通指導員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交通指導員(こうつうしどういん)とは、学校保育所幼稚園などで、園児・児童・生徒等に対して交通安全教育を行ったり、交通指導(交通整理交通誘導ではない)を行なう職員である。

概要[編集]

都道府県市町村などの委嘱を受ける非常勤の特別職地方公務員であることが多い(ほとんどの場合は交通安全協会職員。協会会員ではない)。

任期や業務内容は委嘱する自治体によって様々である。交通巡視員とは異なり、警察本部職員ではない。

自治体によって異なるが、警察官に類似した制服を着用している場合が多い。
制服がある場合の警察官との違いは階級章がないこと、右肩のワッペンは黄色ベースで、上部は警察本部名ではなく「安協」の文字、旭日章の中に「指」の字が入った略章になっていることなど。

関連項目[編集]