学校法人雙葉学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
雙葉学園
現在の校舎
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人雙葉学園
校訓 「SIMPLE DANS MA VERTU
FORTE DANS MON DEVOIR」
「徳においては純真に、
義務においては堅実に」
設立年月日 1909年明治42年)
創立者 メール・セン・テレーズ
共学・別学 女子校
所在地 102-8470
東京都千代田区六番町14-1
外部リンク 学校法人雙葉学園
公式サイト
(日本語)
テンプレートを表示

学校法人雙葉学園(がっこうほうじんふたばがくえん)は、東京都千代田区にある学校法人。設立母体は幼きイエス会(旧サンモール修道会)(カトリック)で、1909年(明治42年)にフランス修道女メール・セン・テレーズ(初代校長でもある)により設立された。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 1872年明治 5年) - サンモール修道会(後の「幼きイエス会」)の会員5名がフランスから日本に渡来し、布教と教育慈善活動を横浜で開始。
  • 1875年(明治 8年) - 東京に「築地語学校」(雙葉学園の前身)を開校し、教育とともに身寄りのない老人や孤児の世話などのボランティア活動も開始。
  • 1909年(明治42年) - メール・セン・テレース(初代校長)が私財で現在の地を購入し、フランス風の優雅な木造2階建ての校舎を建てて「雙葉高等女学校」を創立。
  • 1910年(明治43年) - 「雙葉女子尋常小学校」、「同附属幼稚園」設立
  • 1941年(昭和16年) - 太平洋戦争開戦後、敵性外国人抑留施設「スミレキャンプ」が学内校舎を使用し開設された[1]
  • 1945年昭和20年)4月12日-4月13日 - 城北大空襲(同日東京都四谷区などへ行われた空襲の名称)により全校舎が焼失。校庭にあったジャンヌダルク像は辛うじて被害を免れたが、後日盗難被害に遭う。
  • 1946年(昭和21年) - 木造の仮校舎が完成。
  • 1947年(昭和22年) - 学制改革により「雙葉中学校」となった。
  • 1948年(昭和23年) - 「雙葉高等学校」となった。
  • 1952年(昭和27年) - 鉄筋コンクリート4階建ての新校舎が完成。
  • 2000年平成12年) - 校舎が全面改築され、地下1階・地上7階の本校舎と講堂が完成。

設置校[編集]

系列校[編集]

校訓[編集]

  • 「SIMPLE DANS MA VERTU FORTE DANS MON DEVOIR」
  • 「徳においては純真に、義務においては堅実に」

学校関係者[編集]

  • 理事長:森本 基(もりもと もとい)
  • 中高校長:和田紀代子(わだ きよこ)
  • 小学校校長:河野久仁子(こうの くにこ)
  • 幼稚園園長:那波玲子(なば れいこ)

脚注[編集]

  1. ^ 小宮まゆみ「太平洋戦争下の「敵国人」抑留 : 日本国内に在住した英 米系外国人の抑留について」[1]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]