子規堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

子規堂(しきどう)は、愛媛県松山市にある、松山出身の俳聖正岡子規にちなむ観光施設である。入館料50円。

概要[編集]

正岡子規の文学仲間であった、正宗寺の住職、仏海禅師が子規の業績を記念し、子規が17歳まで過ごした住居を境内に復元した文学資料館で、内部には子規や親交の深かった夏目漱石らに関係する原稿などの文学資料や写真、各種文献など貴重な資料が展示されている。子規が庭園を眺めつつ、勉学に打ち込んだとされる当時の机もある。

子規堂の正面には、子規の「旅立ち」の銅像がある。このほか、子規堂前の広場(観光バス等の駐車場も兼ねる)の一角には、夏目漱石の胸像、当時運行されていた「坊っちゃん列車」の客車、俳句ポスト、子規とベースボールの碑などもある。また南に隣接する墓地入り口近くには、子規の遺髪塔(埋髪塔)もある。

なお、子規堂からはやや離れるが、松山市内の道後温泉近くの道後公園内には、松山市が設置した松山市立子規記念博物館もある。(松山市駅前から道後温泉行き市内電車(路面電車)に乗り、終点の道後温泉駅下車、徒歩5分)

1948年に愛媛県指定史跡となった。

画像[編集]

交通[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度50分4.5秒 東経132度45分48.2秒 / 北緯33.834583度 東経132.763389度 / 33.834583; 132.763389