女番長 玉突き遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
女番長 玉突き遊び
監督 関本郁夫
脚本 松本功
出演者 杉本美樹
金子信雄
大泉滉
音楽 クニ河内
撮影 鈴木重平
古谷伸
編集 神田忠男
配給 東映
公開 日本の旗 1974年10月19日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 女番長 タイマン勝負
テンプレートを表示

女番長 玉突き遊び』(スケバン たまつきあそび)は、1974年10月19日に公開された日本映画。『女番長シリーズ』最終作。

元々本作は、シリーズ前作『女番長 タイマン勝負』より先に公開される予定であった。主演の叶優子が撮影中に重傷を負ったことで本作は製作が中断し、公開が延期になったが、叶の復帰後に撮影が再開された。しかし『タイマン勝負』とは公開順が入れ替わり、本作がシリーズ最終作となった[1][2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

以下ノンクレジット

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『時代劇マガジン』Vol.19(辰巳出版)92~95ページでの『関本郁夫インタビュー』より。
  2. ^ 藤木TDCのヴィンテージ女優秘画帖30 『余禄・星くず女番長の伝説』」、『映画秘宝』、洋泉社、2008年12月、 99頁。