女性恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女性恐怖症(じょせいきょうふしょう)とは、恐怖症の一つであり、女性との交流を極度に恐れたり、女性と話すとひどく赤面したり、女性と一緒にいると不快感を覚えるといった病的な心理のことである。ただし男性の中には思春期に、これに似た症状を一時的に経験することがある。

通常は男性に見られる現象であるが女性でもみられ、「思春期以前に女性に嫌がらせいじめレイプ)を受けた」「母親から虐待を受けた経験がある」などによって、女性に対するトラウマとして表れる心理であることが多い。また、女性と会話などはできても、触れられることは極度に嫌がる例もある。これは、女性に近づかれたり触れられたりすると、反射的に女性を避けるものである。女性からの少女への虐待などの事情により、被害者が女性恐怖症を発症することもあるが、女性の女性恐怖症への認識は遅れている。女性には女性への身体的接触にためらいのない者が多いので、こうした女性が深く傷ついてしまうことも多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]