男性恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

男性恐怖症(だんせいきょうふしょう)とは、恐怖症のひとつ。個人差はあるが、男性に触れられると強い不安感に駆られたり、男性と話すとひどく赤面したり、男性と一緒にいることに耐えられないといった病的な心理。中には男性が近づいてきただけで不安を感じる人もいる。

通常は女性に見られる現象で、「レイプの被害に遭った」「父親(もしくは、兄弟)から虐待を受けた経験があった」「子供時代に男の子からいじめを受けた」といった経験を持つ人が、男性に対するトラウマとして表れる心理であることが多い。ただ、恋愛異性愛)にあまり興味がなかったり、男性との付き合いに価値をおかない女性が、男性恐怖症と決めつけられてしまうこともある。その一方、男性恐怖症の女性が男性に冷淡な態度を示すことを「現代的」「自立した女性」とみなす傾向が日本にはあり、そのために、男性恐怖症に気づくことが出来ない女性がいる。また、このように謂われのないことで同性から崇拝されることで男性恐怖症を持つ女性をさらに追いつめることがある。[要出典](そっけない態度をとる=男性恐怖症ではない)

上記のように、一般的には女性の症例が多いが、男性の事例も存在する。男性からの性的虐待により、極端なホモフォビアや男性恐怖症に陥る男性もおり、男性なのに男性と付き合えないことから社会生活に重大な支障が出ることもある。

フィクションにおける男性恐怖症[編集]

  • ココロコネクトの桐山唯は中学生の頃、男に襲われかけ男性恐怖症になったが、主人公・太一の協力よって克服した。
  • WORKING!!の伊波まひるは男子恐怖症なので、男性を見るとすぐに殴ることが多い。

治療[編集]

治療者とのトラウマ記憶についての話し合いを通じて、トラウマ記憶に対する新たな見方を獲得するといった、トラウマ治療が有効である場合がある[1]。詳細は、「トラウマ#治療」を参照。また、通常の男性との接触・交流を伴う現実脱感作(暴露療法)を通じて、「普通の男性は自分が恐れているようなことをしないから大丈夫」という事実を確認できるようサポートしていくことも有効である[2]

脚注[編集]

  1. ^ クラーク, D. M. & エーラーズ, A. 丹野義彦(訳)(2008).対人恐怖とPTSDへの認知行動療法――ワークショップで身につける治療技法―― 星和書店,60-62頁.
  2. ^ 平田 幹夫 (2003).男性に恐怖心を持つ女子中学生への危機介入的時間制限カウンセリング.琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要,10,9-24.

関連項目[編集]