奥里将建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥里 将建(おくざと しょうけん、1888年5月18日 - 1963年12月29日)は、日本国語学者

人物[編集]

沖縄県出身。沖縄神戸で約30年間において教師を務める。日本上代語から琉球方言まで研究領域を拡げ、「院政貴族語と文化の南展」「日本語系統論」などを著した。

1965年4月、氏の旧蔵資料の大半を占める4600余冊が購入寄贈として受け入れられた。同文庫の特色は、国語国文学および方言関係資料である。

作品[編集]