奥地圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥地 圭子(おくち けいこ、1941年3月22日[1] - )は、元小学校教諭で、現在はNPO法人東京シューレの理事長、学校法人東京シューレ学園・東京シューレ葛飾中学校の理事長・校長である。

略歴[編集]

東京に生まれ、広島県三原市で育った。1963年横浜国立大学学芸学部を卒業後、22年間にわたって公立小学校の教諭を続けた。1985年、教諭の職を退き、東京都北区東十条フリースクール東京シューレを設立。1991年に、北区王子に移転。東京シューレを母体とする登校拒否を考える全国ネットワーク(親の会)や全国不登校新聞社の立ち上げにも尽力し、精力的に執筆・講演活動を行っている。

不登校問題の黎明期に我が子が不登校(当時は「登校拒否」という言葉が一般的)となり、その一方で自らは現役の小学校教諭という板ばさみの状況の中から、子どもを第一に考えることの大切さ、現代の学校教育歪みに気付いた。「子どもは学校以外の場所で育つこともできる」というのが持論。東京シューレはそうした「居場所」の選択肢の一つとして位置付けられている。

2016年現在、NPO法人東京シューレ理事長の他に、学校法人東京シューレ学園・東京シューレ葛飾中学校の理事長・校長、登校拒否を考える全国ネットワーク代表、NPO法人フリースクール全国ネットワーク代表理事、全国不登校新聞社理事を務める。

主な著作[編集]

  • 『不登校という生き方-教育の多様化と子どもの権利』
  • 『東京シューレ子どもとつくる20年の物語』
  • 『登校拒否は病気じゃない―私の体験的登校拒否論』
  • 『学校は必要か―子どもの育つ場を求めて』
  • 『東京シューレ物語―学校の外で生きる子どもたち』
  • 『子どもをいちばん大切にする学校』

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.255

外部リンク[編集]