奥出信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥出 信行(おくで のぶゆき、1944年3月5日 - )は、日本の実業家。角川プロダクション代表取締役社長、アトラス(旧社)、タカラ(現・タカラトミー)、ユージン(現・タカラトミーアーツ)元社長。石川県出身。

来歴[編集]

富山大学経済学部卒業後、タカラ入社。常務取締役、顧問・マーケティング本部長、副社長を経て2003年コンピュータゲームメーカー・アトラス(旧社)がタカラの連結子会社となった際に同社へ出向し、社長に就任。2005年、タカラが業績悪化でコナミグループを離脱し第4代社長・佐藤慶太が退任して代表権の無い会長となった際に後継で第5代社長に就任し、同社としては初めての創業家以外からの社長となった[1]2006年3月にタカラが同業のトミーと合併してタカラトミーとなったことに伴い子会社・ユージン(現・タカラトミーアーツ)の社長となるが、2009年10月に退任しタカラトミーアーツの社長職は合併時よりタカラトミー副社長を務める佐藤慶太が兼務することとなった。

2010年角川グループの版権管理・営業を担当する角川プロダクションの社長に就任。

関わった作品[編集]

いずれもタカラ及びアトラス(旧社)在職時。

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

全てプロデューサーとしてクレジット。

脚注[編集]

  1. ^ タカラ佐藤社長が退任、経営責任を明確化”. ITmedia (2005年1月27日). 2011年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
岩田松雄
アトラス社長
第3代:2003年 - 2005年
次代:
猪狩茂
先代:
佐藤慶太
タカラ社長
第5代:2005年 - 2006年
次代:
(トミーと合併→)
先代:
井上伸一郎
角川プロダクション社長
第2代:2010年 - 2013年
次代:
(現職)