天国は待ってくれる (1943年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天国は待ってくれる
Heaven Can Wait
監督 エルンスト・ルビッチ
脚本 サムソン・ラファエルソン
製作 エルンスト・ルビッチ
出演者 ジーン・ティアニー
ドン・アメチー
チャールズ・コバーン
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 エドワード・クロンジェイガー
編集 ドロシー・スペンサー
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 プレノン・アッシュ
公開 アメリカ合衆国の旗 1943年8月11日
日本の旗 1990年8月25日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
テンプレートを表示

天国は待ってくれる』(てんごくはまってくれる、原題:Heaven Can Wait)は、1943年製作のアメリカ映画

エルンスト・ルビッチ監督によるソフィスティケイテッド・コメディの一作で、同監督初のカラー映画テクニカラー)である。

死後の世界にやってきた男が、閻魔大王を相手に自らが歩んできた人生を語るというストーリーで、レスリー・ブッシュ=フェキート作の戯曲 Birthdayサムソン・ラファエルソン脚色し、音楽アルフレッド・ニューマン撮影エドワード・クロンジェイガーが担当。アカデミー賞カラー撮影賞監督賞および作品賞にノミネートされた。

1978年製作の映画『天国から来たチャンピオン』の原題も Heaven Can Wait であるが、こちらは1938年舞台 Heaven Can Wait1941年に映画化した Here Comes Mr. Jordan(邦題:『幽霊紐育を歩く』)のリメイクであり、本作とは関係がない。また、2007年日本映画天国は待ってくれる』も無関係である。

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

ヘンリー・ヴァン・クリーヴが地獄の受付にやってきた。彼は閻魔大王(原語では「His Excellency」)に迎えられる。閻魔大王はここへ来た人々に対して地獄行きか天国行きかを告げるのだが、ヘンリーは「これまでの人生を振り返れば、自分は地獄行きで当然だ」という。興味を抱いた閻魔大王の求めに応じて、ヘンリーは自分の生涯を語りはじめる。

ニューヨークに暮らす上流階級の家庭で、ヘンリーは甘やかされた一人っ子として育った。祖父のヒューゴは自由気ままな人物で、家の中ではただ一人ヘンリーとウマが合う人物であった。結果的に、成長したヘンリーは暇を持て余したプレイボーイの青年となった。

ある日ヘンリーは街中で、公衆電話から母親に電話をしている美女を見かける。彼女が嘘の内容を話しているのに興味を覚えたヘンリーは彼女を追い、入った書店で店員のふりをして話しかけた。彼女に婚約者がいることが分かったものの、なおも言い寄るヘンリーであったが、結局は店員ではないことを白状することになり、彼女に逃げられてしまう。

やがて、堅物の従兄弟アルバートが、婚約者マーサとその両親を紹介しにヴァン・クリーヴ家にやってくる。顔を合わせたマーサとヘンリーは驚いた。マーサこそが例の美女だったのだ。これまでマーサへの縁談はいくつもあったが、いつも両親のうちどちらかが候補者を気に入らず、アルバートが初めて両親ともに認めた男だったのだという。しかし、アルバートと結婚すると遠く離れたカンザスで残りの人生を過ごすことになり、それが嫌だったマーサはヘンリーに口説き落とされ、アルバートを捨てて彼と結婚することを承諾した。2人は祖父ヒューゴの手引きで駆け落ちをし、集まっていた親族一同は騒然となる。

その後、2人はヴァン・クリーヴ家に戻り、息子も誕生した。しかし、結婚10年目の記念日の前夜、ヘンリーが別の女性と浮気をしていることを知ったマーサは実家に戻ってしまう。祖父ヒューゴとともに追いかけていったヘンリーは彼女に謝罪し、許したマーサと再び駆け落ちを果たすのだった。

それからの2人の幸せな生活は、結婚25周年目を迎えてマーサが亡くなるまで続いた。彼女の死後、ヘンリーは寂しさもあって、年齢も顧みず再び女遊びを始め、息子に注意される。人生最期の時も、美人の看護婦に看取られながらであった。

この話を聞いた閻魔大王は「地獄行きは認められない」という。天国でヘンリーを待っている人がいるからだというのである。天国にも空きが出ることがあり、その時は彼が入れるよう、マーサたちが助けてくれるだろうと閻魔大王はいい、“上”へ昇るエレベーターへとヘンリーを送り出すのであった。

外部リンク[編集]