ソフィスティケイテッド・コメディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソフィスティケイテッド・コメディ(sophisticated comedy)とは主にハリウッド映画におけるロマンティック・コメディの一種で、主人公の突拍子の無い行動でストーリーを展開させるスクリューボール・コメディに対し、男女の気の利いた都会的な会話のやり取りでストーリーを展開させる作品を指す。

台詞の面白さを生かせるトーキー時代の到来により、従来主流だったスラップスティック・コメディに取って代わって持て囃されるようになった。

エルンスト・ルビッチビリー・ワイルダーが得意とした。

日本ではルビッチの影響を受けた小津安二郎に『淑女は何を忘れたか』(1937年)、ワイルダーの影響を受けた中平康に『才女気質』(1959年)等の作品がある。

代表的な作品[編集]