天上博規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天上 博規(てんじょう ひろき、1981年8月17日 - )は日本ミュージシャン。バンドLEGONIC TRAPリーダーベースを担当。LEGONIC TRAPのほぼ全曲の作詞、作曲を担当している。 LEGONIC TRAPは主に台湾で人気を獲得し、現地の若者たちが選ぶ「好きな日本バンド」にも選出。 また、台湾でのライブには40,000人が集まるなど、日本のインディーズバンドとしては異例の人気を得ている。

他アーティストのプロデューサーとしても活動している。

血液型はO型。

人物[編集]

3歳の頃からピアノを始める。 小学3年でサッカークラブチームに入団し、サッカー少年となる。 中学時代には神戸市選抜としても活躍する程で、地元では有名な選手として名前が広がっていた。 (中学2年の時に親友がギターを始めたのを機に、一緒にギターを買って密かに練習をしていた。) 大阪のサッカー名門高校の金光大阪高校に入学し、そこでLEGONIC TRAPのメンバーと出会う。

高校2年生の文化祭でサッカー部の先輩の誘いでバンドを組み、ギターとしてステージに立つ。 そのバンドでキーボードを担当していたのが萩原新司(現在LEGONIC TRAPのドラム)だった。

高校3年生の文化祭で現在のLEGONIC TRAPのメンバーを集めバンドを結成してステージに立った。(当時のバンド名はNEVER MIND) 高校の同級生にフジファブリック山内総一郎がいる。

経歴[編集]

  • 2001年1月 - 金光大阪高校の同級生であった里見淳・萩原新司・増田昇平とLEGONIC TRAPを結成。
  • 2002年12月 - 自主開催イベント後にレコード会社と契約。
  • 2003年5月 - デビューアルバム(タワーレコード総合チャート3位)を発売する。
  • 2003年8月 - 全国ツアー(12カ所)を展開する。
  • 2004年7 - 1年ぶりのセカンドアルバム(タワーレコード総合チャート9位)を発売する。
  • 2004年10月 - 初のワンマンライブをバナナホールにて行う(チケット/ソールドアウト)
  • 2005年7月 - 台湾へ進出する。
  • 2006年3月 - 台湾にて4万人の観衆を集めたライブ(LEGONIC TRAP Live tour 2006 in TAIWAN Final)を行う。
  • 2006年10月 - 台湾の野外音楽フェスティバルWild Scream 2006のメインアクトとしてトリで出演!台湾では最も人気あるインディーズバンドとして若者からの支持を不動のものとする。
  • 2009年1月 - 無期限の活動休止となり、リーダーの天上博規のみ、他アーティストのプロデュース等の音楽活動を続けている。

レギュラーラジオ番組[編集]

  • LEGONIC TRAP All Night Communication DX(終了)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]