大雅アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大雅 アキラ
基本情報
本名 佐藤 晃
階級 ジュニアバンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1974-09-05) 1974年9月5日
出身地 岩手県北上市
死没日 (1997-10-19) 1997年10月19日(23歳没)
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 17
勝ち 13
KO勝ち 5
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

大雅 アキラ(たいが アキラ、男性、1974年9月5日 - 1997年10月19日)は、日本プロボクサー。本名は佐藤 晃(さとう あきら)。岩手県北上市出身。協栄ボクシングジム所属。黒沢尻工業高等学校卒業。[文献1- 1]

来歴[編集]

1992年、第46回インターハイバンタム級5位、べにばな国体少年の部にフライ級優勝[文献1- 1]などの成績を収め、第45回岩手日報体育賞を受賞した。[1]

1993年5月24日、本名でプロデビュー戦を行い、初回KO勝利を収めた。同年8月16日、松倉義明(宮田)に4R判定負けを喫した。

1994年11月4日、東日本ジュニアバンタム級新人王トーナメント準決勝で大和心帝拳)に4R判定勝利を収めた。同年12月17日、小林昭司国際)に引き分け、勝者扱いで東日本ジュニアバンタム級新人王を獲得した。翌1995年2月18日、村上勇(三津山)に2RKO勝利を収め、全日本ジュニアバンタム級新人王を獲得した。続く5月14日の故郷凱旋試合よりリングネームを大雅アキラと改めた。

1997年10月13日、守部厚希(江坂)が返上して空位となった日本ジュニアバンタム級王座を、同2位として、1位松倉義明と決定戦で争い、7R2分25秒KO負けとなった。[文献2- 1] この直後、頭蓋内出血によりリング上で失った意識を回復することなく、同月19日に死去した(リング禍)。[文献1- 2][文献2- 2] 本来、この王座は同年6月に松倉と名護明彦とで争われるはずであったが、名護の頬骨骨折による欠場を受け、大雅が出場していた。[文献2- 3]

獲得タイトル[編集]

  • 第47回国体少年の部フライ級優勝
  • 第51回東日本ジュニアバンタム級新人王
  • 第41回全日本ジュニアバンタム級新人王

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岩手日報文化賞・体育賞 岩手日報 Web News

『日本ボクシング年鑑2005』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2005年4月30日 ISBN 4-583-03849-6

  1. ^ a b 「アマチュアレコード - 国民体育大会」、206頁。
  2. ^ 「ボクシング百科全書 - リング禍」、188頁。

ワールド・ボクシング』4月号増刊、日本スポーツ出版社、1998年4月10日 共通雑誌コードT1109804040751 雑誌09804-4

  1. ^ 「'97年プロボクシング──パーフェクト・データ - 国内全試合結果/『ワールド・ボクシング』97年3月号〜98年2月号まで完全縮小版」、177頁。
  2. ^ 芦沢清一「スタンディングカウントの廃止と前日計量について」、81頁。
  3. ^ 「松倉義明VS名護明彦 展望」、32頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]