大野紀明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大野 紀明
おおの としあき
生年月日 1945年4月18日
出生地 日本の旗 日本 愛知県稲沢市
没年月日 (2016-10-20) 2016年10月20日(71歳没)
死没地 日本の旗 日本 愛知県稲沢市
出身校 愛知大学法経学部
前職 地方公務員(稲沢市)
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2006年12月25日 - 2016年10月20日
テンプレートを表示

大野 紀明(おおの としあき、1945年4月18日 - 2016年10月20日)は、日本政治家。元愛知県稲沢市長(3期)。

人物[編集]

愛知県稲沢市出身。1968年(昭和43年)3月、愛知大学法経学部卒業[1]。同年、稲沢市役所に入庁。

市長就任の前年、2005年に稲沢市は祖父江町平和町市町村合併したが、「稲沢ブランド」を全国に売り出すことに力を入れている[2]。2010年11月に告示された市長選挙では民主党自民党公明党の推薦を受けて、無投票で再選した[3]

2014年12月7日の市長選において市民団体事務局長の茶原正士を破り3選 [4]

3期目の任期途中の2016年(平成28年)10月20日、転移性脳腫瘍のため死去。71歳没[5]

年表[編集]

  • 2001年(平成13年)4月、稲沢市市長公室長。
  • 2005年(平成17年)3月、稲沢市助役。
  • 2006年(平成18年)12月25日、稲沢市長に就任[6]
  • 2010年(平成22年)6月、愛知県市長会副会長。
  • 2010年(平成22年)12月、稲沢市長(2期目)。
  • 2014年(平成26年)12月、稲沢市長(3期目)。
  • 2016年(平成28年)10月20日、死去。

エピソード[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 人物情報NAVER Archived 2012年3月25日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 大野紀明・愛知県稲沢市長 ◇世界最長試験塔をランドマークに”. 時事通信社 (2007年2月20日). 2012年4月24日閲覧。
  3. ^ 稲沢市長に大野氏、無投票で再選”. 朝日新聞 (2010年11月22日). 2012年4月24日閲覧。
  4. ^ 愛知・稲沢市長に大野氏3選”. 朝日新聞 (2014年12月7日). 2014年12月8日閲覧。
  5. ^ 大野紀明さん71歳=愛知県稲沢市長 - 毎日新聞、2016年10月20日
  6. ^ 市町村長及び議会議員の任期満了日等一覧表 平成25年1月29日現在
  7. ^ 開発行為認可事件についてお詫びします。”. 稲沢市. 2012年4月24日閲覧。
  8. ^ 第4章 稲沢軟式庭球協会と私。”. 2012年4月24日閲覧。
  9. ^ 松浪健四郎 (2010年3月2日). “はだか”. 2012年4月24日閲覧。
先代:
服部幸道
Flag of Inazawa, Aichi.svg 愛知県稲沢市長
2006年 - 2016年
次代:
加藤錠司郎