大谷焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大谷焼(おおたにやき)は、徳島県鳴門市大麻町大谷で作られる炻器である。

1780年(安永9年)に、四国八十八ヵ所霊場に来た豊後の国(大分県)の焼き物細工師・文右衛門が親子5人連れで大谷村山田の里(現在の大麻町大谷)に来て、はじめて轆轤細工を披露し、時の庄屋森是助が素焼窯を築いて蟹ヶ谷の赤土で作った火消壷の雑器類を焼いたことが始まりといわれる。

寝轆轤と呼ばれる独特の轆轤を用いて制作される大で知られる[1]。寝轆轤は相手が寝ながら足を用いて回す仕掛けで基本的に大甕作りは二人の呼吸が合っていないと作れない。なお、この大甕は阿波地方の特産である染めに欠かせない道具であり、藍甕と呼ばれる。

大谷焼は元々、染付磁器が焼かれていた。だが、経営悪化で僅か3年で藩窯は廃窯となり、1784年(天明4年)に藍商人であった賀屋文五郎らの手によって再興、信楽(滋賀県)の陶工の協力もあって藍染の需要に見合った大甕を焼くことになったのである。

明治に入ると化学染料の開発、生活様式の変化に伴い、藍甕の需要は激減、不振に陥った。それでも脈々と大甕作りは続けられ、今日に至っている。また、現在は徳利、片口、茶器などといった小物を焼いている窯も見られる。

2003年(平成15年)9月に経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大谷焼特集”. 鳴との門(鳴門総合情報サイト). 2015年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]