田村栄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村 栄一郎(たむら えいいちろう、1979年 - )は日本の徳島県鳴門市出身の陶芸家

略歴[編集]

徳島で230年以上続く大谷焼元山窯の10代目当主。大谷焼を代表する若手作家の一人である。徳島県立鳴門高等学校大阪芸術大学、京都府立陶工高等技術専門校を卒業後、京都にて修行。日展参与 山崎昭に師事する[1]。帰郷後、最初に制作出品した県美術展で最高賞を受賞。翌年の日本新工芸展でも初出品で日本新工芸奨励賞受賞、同年秋の日展にて初入選を果たす。その後も全国の陶芸公募展に多数出品入選入賞を重ねる。また個展、グループ展も全国各地で開催。2010年より田村の父親と親交の深かった、画家橋本シャーンと陶器、絵画による二人展を定期的に開催。また母校徳島県立鳴門高等学校で2012年から外部講師も務めている。

地元徳島ラーメンの有名店数社とのコラボ企画でも多様なメディアに取り上げられた[1]

近年では東京ビックサイトにて開催されたAnimeJapan 2015にて人気アニメFate/stay night×大谷焼でコラボ作品制作。開場わずか一時間で販売予定個数が完売した。また同年暮れにも幕張メッセで開催された人気アニメアイドルマスター シンデレラガールズの2ndSEAsonキービジュアルをイメージに大谷焼for346PRODUCTIONのコラボ作品を制作。ANIPLEXより期間限定完全受注生産にて発売された。

2015年 第70回記念徳島県美術展 美術工芸部門 特選第一席大賞受賞(三回目)

公募展・個展・グループ展会場[編集]

2003年より大丸心斎橋美術画廊、徳島そごう美術画廊、高松三越美術画廊、日本橋三越、池袋東武、上野松坂屋、全国伝統産業会館、京都市立美術館、国立新美術館、AOYAMAスクエア、上野の森美術館、田部美術館、札幌芸術の森美術館、愛知県陶磁美術館、佐賀県立九州陶磁文化館、安曇野高橋節郎記念美術館、新世紀工芸館、平成記念美術館、徳島県郷土文化会館、高松モリシゲ、ギャラリーM&M、ギャラリーとまや、あわぎんホール、茨城010ギャラリー[1]

公募展[編集]

2003年より放美展、徳島県美術展、国民文化祭、近畿中国四国伝統産業品展、金沢わんONE大賞、全国伝統的工芸品展、田部美術館大賞、茶の湯の造形展、長三賞常滑陶芸展、有田国際陶磁展、そば猪口アート公募展、日本新工芸展、日展等の全国公募展で入選入賞[1]

日本新工芸家連盟 会員 徳島県美術家協会 工芸部委員 大谷焼伝統工芸士

アニメコラボ[編集]

2015年
アニメ作品 Fate/stay night  会場東京ビックサイト
アニメ作品 アイドルマスター シンデレラガールズ  会場幕張メッセ

企業コラボ[編集]

2016年 JR四国 四国まんなか千年ものがたり   

TVメディア出演[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 田村商事株式会社。2015年4月26日閲覧。
  2. ^ 出演者別:田村栄一郎、Gooテレビ番組。2015年4月26日閲覧。
  3. ^ 大谷焼"元山窯"十代目 田村栄一郎、日本テレビ放送網。2015年4月26日閲覧。
  4. ^ FNNスーパーニュース アンカー、Gooテレビ番組。2015年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]