大洲市長浜町女性放火殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大洲市長浜町女性放火殺人事件(おおずしながはまちょうじょせいほうかさつじんじけん)とは、2004年4月愛媛県大洲市で発生した放火殺人事件である。容疑者逮捕されておらず、現在も未解決となっている。捜査特別報奨金制度[1]の対象ともなった(後に外されている)。

事件の概要[編集]

2004年4月13日 午前1時20分ごろ、愛媛県大洲市長浜町の民家より出火、全焼した。焼け跡からこの家に住む会社員の女性(事件当時52歳)が遺体で発見された。被害者は出火の直前「下の階に誰かがいる。」と長女に電話をしており、その後出火全焼した[1]

目撃情報や現場の状況から、犯人は、被害者宅に侵入し、灯油を撒いた後、沖浦公園方面へ逃走していることがわかった[2]

脚注[編集]

  1. ^ “有力情報に謝礼300万円 5年前の殺人事件、愛媛”. MSN産経ニュース. (2009年4月13日). オリジナル2009年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090414015745/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090413/crm0904131030003-n1.htm 
  2. ^ “【ふるさと便り】愛媛・大洲の女性放火殺人 有力情報に300万円 遺族ら謝礼金”. MSN産経ニュース. (2009年4月7日). オリジナル2009年5月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090510064439/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090412/crm0904121608011-n1.htm 

外部リンク[編集]