大沼義之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大沼 義之助(おおぬま よしのすけ、1915年大正4年〉3月7日 - 1996年平成8年〉5月26日)は、日本造り酒屋経営者。千代寿虎屋酒造社長(第2代)・会長。山形県酒造組合理事。寒河江酒造組合理事長。寒河江市消防団長(初代)。寒河江市選挙管理委員会委員長(第2代・7期)。社団法人寒河江法人会会長(初代)。寒河江ロータリークラブ会長(初代、第2代)。

来歴[編集]

  • 1915年(大正4年)3月7日 - 虎屋本店8代目当主・父:大沼保吉と母:セイの次男として生まれる。
  • 1922年(大正11年) - 虎屋本店が寒河江町の倒産した造り酒屋「石山佐助」の酒造工場を買収して虎屋第三酒造場として創業。
  • 山形市立商業学校(後の山形市立商業高等学校)卒業
  • 1933年(昭和8年) - 虎屋第三酒造場 就職
  • 1935年(昭和10年) - 虎屋第三酒造場 主任
  • 1939年(昭和14年)7月5日 - 鈴木秀治郎の二女・鈴木ミキヲと結婚。
  • 1940年(昭和15年)12月9日 - 寒河江町に分家する。
    • 12月25日 - 虎屋第三酒造場を虎屋より分離独立させ「虎屋寒河江酒造場」と改名。経営者となる。
  • 1947年(昭和22年)10月1日 - 寒河江町消防団第一分団自動車部所属となり、寒河江町消防団団長就任。
  • 1952年(昭和27年) - 「千代寿」の商標を登録。
  • 1953年(昭和28年)2月1日 - 合資会社虎屋寒河江酒造を設立し代表社員就任
  • 1954年(昭和29年) - 市制施行に伴い寒河江市消防団が発足し初代団長就任(1959年〈昭和34年〉11月10日まで)
  • 1959年(昭和34年)9月10日 - 寒河江ロータリークラブ初代会長就任
  • 1960年(昭和35年) - 社名を虎屋酒造合資会社に変更する。
    • 5月 - 寒河江西村山法人会会長就任(1986年〈昭和61年〉8月まで)
    • 7月1日 - 寒河江ロータリークラブ第2代会長就任(1961年〈昭和36年〉6月30日まで)
    • 8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長初選任
  • 1961年(昭和36年) - 焼酎の生産を停止する。
    • 7月1日 - 寒河江ロータリークラブ副会長就任(以後1963年1969年1979年にも副会長を務めた。)
  • 1962年(昭和37年)10月22日 - 午前8時30分、父:大沼保吉死去。
  • 1963年(昭和38年)8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長2期連続選任
  • 1967年(昭和42年)8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長3期連続選任
  • 1970年(昭和45年) - 寒河江ロータリークラブ幹事就任
  • 1971年(昭和46年) - 国際ロータリークラブ第353地区中央分区代理(後のガバナー補佐に相当)就任
    • 8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長4期連続選任
  • 1972年(昭和47年) - 山形県酒造組合理事就任(1974年〈昭和49年〉まで)
  • 1975年(昭和50年)8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長5期連続選任
  • 1979年(昭和54年)8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長6期連続選任
  • 1983年(昭和58年)8月2日 - 寒河江市選挙管理委員会委員長7期連続選任(1987年〈昭和62年〉8月1日まで)
  • 1984年(昭和59年)10月 - 社名を千代寿虎屋酒造合資会社に変更し会長就任。長男の大沼保義は社長となる。
  • 1986年(昭和61年)10月 - 社団法人寒河江法人会初代会長就任(1993年〈平成5年〉8月まで)
  • 1996年(平成8年)5月26日 - 死去。満年齢81歳。

栄典・受賞[編集]

その他の役職[編集]

  • 寒河江市消防団第一分団自動車部特別顧問

出版物[編集]

著書
  • 『千代寿虎屋酒造史』 1989年8月 大沼義之助(著) 千代寿虎屋酒造(出版)
編纂
  • 『大沼保吉翁回想録』 1963年6月 後藤嘉一(編著) 大沼勘四郎、大沼義之助、大沼貞蔵(編纂委員)
関連書籍
  • 『酒蔵片々 - 幼少編』 2004年1月 大沼保義(著) 千代寿虎屋酒造株式会社(出版)

親族[編集]

  • 父:大沼保吉 - 第10代山形市長、寿虎屋酒造8代目経営者、千代寿虎屋酒造初代経営者
  • 母:大沼セイ - 保吉の後妻。寿虎屋酒造7代目経営者・大沼金治の三女
  • 妻:大沼ミキヲ - 鈴木秀治郎の二女
    • 長男:大沼保義 - 千代寿虎屋酒造3代目社長
      • 孫:大沼寿洋 - 千代寿虎屋酒造4代目社長、月山トラヤワイナリー社長
  • 義兄:大沼貞蔵 - 医師、医学博士、山形県医師会初代会長
  • 長姉:大沼セン - 保吉と前妻ウンの長女。貞蔵の前妻
  • 兄:大沼勘四郎 - 寿虎屋酒造9代目社長
  • 次姉:大沼クラ - 貞蔵の後妻
    • 甥:大沼貞雄 - 医師、医学博士、(社)山形市医師会会長

参考資料[編集]

  • 『千代寿虎屋酒造史』 1989年8月 大沼義之助(著) 千代寿虎屋酒造(出版)
  • 『酒蔵片々 - 幼少編』 2004年1月 大沼保義(著) 千代寿虎屋酒造株式会社(出版)
  • 『山形県酒造史 山形酒の昨日・今日・明日』 2005年5月 山形県酒造組合(出版)
  • 『寒河江市選挙のあゆみ』 1994年4月 寒河江市選挙管理委員会(著・出版)
  • 『寒河江市消防団第一分団自動車部70周年のあゆみ』 1992年5月 寒河江市消防団第一分団自動車部70周年記念実行委員会(出版)
  • 『寒河江ロータリークラブ 二十年の歩み』 1980年4月 寒河江ロータリークラブ(出版)
  • 『寒河江ロータリークラブ 創立25周年記念誌』 1984年11月 寒河江ロータリークラブ(出版)
  • 『官報』 1990年5月1日 号外 47 叙位・叙勲
  • 『市報さがえ』 1987年12月5日号
  • 山形県立図書館・蔵書検索「千代寿虎屋酒造史」詳細情報 (著者)大沼義之助 (著者名ヨミ)オオヌマヨシノスケ
  • 『大沼保吉翁回想録』 1963年6月 後藤嘉一(編著) 大沼保吉翁回想録編纂委員会(出版)
  • 公益社団法人寒河江法人会 沿革

外部リンク[編集]