大沢実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大沢 実(おおさわ みのる、1916年12月24日 - 1968年9月14日)は、日本英文学者早稲田大学教授。

埼玉県生まれ。早稲田大学英文科卒。同大学教授在職中に52歳で死去。ヴァージニア・ウルフを専門とした。

著書[編集]

  • 時間と死の芸術 ヴァージニア・ウルフ論 南雲堂 1956 (南雲堂不死鳥選書)
  • 20世紀英米文学案内 第10 ヴァージニア・ウルフ 研究社出版 1966
  • 世界名詩鑑賞辞典 東京堂出版 1969

翻訳[編集]

  • 灯台へ ヴァージニヤ・ウルフ 雄鶏社 1949 のち三笠文庫
  • スケッチ・ブック /ワシントン・アーヴィング 小峰書店 1951 (少年少女のための世界文学選
  • V.ウルフ 河出書房 1953 (市民文庫)
  • ダロウエイ夫人 ウルフ 三笠版現代世界文学全集 第15 三笠書房 1954
  • イギリス篇(詩)三笠版現代世界文学全集 第27 三笠書房 1955
  • 月曜日か火曜日・フラッシュ /ヴァージニア・ウルフ 柴田徹士,吉田安雄共訳 英宝社 1956
  • 一九三九年以後の英詩 S・スペンダー 北星堂書店 1957
  • 若き詩人への手紙 ヴァージニア・ウルフ 南雲堂 1957 (双書・不安の時代)
  • 天国行き馬車・永遠の瞬間 E・M・フォースター 南雲堂 1957 (英米短篇小説選集)
  • 歳月 ヴァージニア・ウルフ 三笠書房 1958
  • 詩と政治 C.M.バウラ 紀伊国屋書店 1967 (現代文芸評論叢書)

参考[編集]

  • 故大沢実教授略年表 虎岩正純「英文学」1969-03