大正浪漫夢通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大正浪漫夢通り(たいしょうろまんゆめどおり)は、埼玉県川越市連雀町にある商店街

川越城城下町の特徴として戦に備えて緩やかにカーブした約200メートルの通りの両側には、大正から昭和初期のレトロな店舗がおよそ30軒余り並ぶ。特に関東大震災以後に流行した看板建築の洋風店舗や町屋造りが多く残る。通りの北の入り口にはドーリア式列柱が並ぶ重厚な旧武州銀行川越支店(現・川越商工会議所)の洋館もある。 御影石石畳など古き良き大正ロマンの香りが漂い、多くの映画・ドラマ・CMの撮影でも使われている。

沿革[編集]

かつては「銀座商店街」といい、大正から昭和初期にかけては「埼玉県随一の商店街」と呼ばれた歴史ある商店街である。市の商業の中心が南の「クレアモール」に移り衰退するが、「大正ロマン」をテーマに商店街のあり方を変え、平成7年には老朽化したアーケードを撤去、平成13年には電線の地中化も完工し、江戸時代から明治蔵造りの街並みが残る「川越一番街」と新市街地の「クレアモール」の間に位置する大正時代の街として観光客を集めている。

アクセス[編集]

外部リンク[編集]