大栗川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大栗川
Oguri-Gawa.jpg
八王子市
水系 一級水系 多摩川
種別 一級河川
延長 15.5 km
平均の流量 0.23 m³/s
(東中野橋2009)
流域面積 42.6 km²
水源 御殿峠八王子市鑓水
水源の標高 213 m
河口・合流先 多摩川多摩市連光寺地先)
流域 八王子市多摩市日野市
テンプレートを表示

大栗川(おおぐりがわ[1]、おおくりがわ[2] )は、東京都八王子市および多摩市を流れる多摩川水系一級河川である。アニメ映画「耳をすませば」に、モデル地として大栗川と近くの聖蹟桜ヶ丘駅周辺の街並みが描かれている[3]

地理[編集]

東京都八王子市鑓水付近を水源とし、東京都道20号府中相模原線(柚木街道・野猿街道)に沿って大きく蛇行しながら概ね北東に向って流れ、八王子市松木付近で支流の大田川を合わせる。多摩市に入り、多摩市和田の宝蔵橋付近で大きく東へ向きを変える。この地点の左岸の旧字は「大栗」であり、これが川名の由来となっている。その後多摩市連光寺付近で乞田川を合わせて1 kmほど流れ、稲城市との境界付近で多摩川合流する[4][5]

大栗川源流付近は地下を流れる。長さは数百メートルあると思われる。上に架かるのは御殿橋
大栗川上流の『谷戸入口』交差点付近で都道20号と交差する。手前上は嫁入橋。
大田川との合流地点

歴史[編集]

生物[編集]

浄化のために炭の入った袋が置かれている。

カルガモコイアオサギシラサギオイカワなどが見られる。

環境[編集]

雨の日以外は水量は少なく水量が増える多摩川との合流地点付近で釣りをしている人が見られる。 大田平橋から宝蔵橋、新大栗橋から交通公園まで整備された遊歩道がある(柚木緑道)。

大栗川下流

支流[編集]

  • 子の神谷戸
  • 厳耕地谷戸
  • 大芦谷戸
  • 嫁入り谷戸
  • 岩入り川
  • 殿ヶ谷戸
  • 大田川
  • 別所川
  • 寺沢川
  • 谷津入り川
  • 天野谷戸
  • 塩釜谷戸川
  • 大谷戸川(中和田)
  • 倉沢川
  • 新堂谷戸
  • 百草谷戸
  • 雨田川
  • 古茂川
  • 乞田川
  • 大川

流域の自治体[編集]

東京都
八王子市多摩市日野市

橋梁[編集]

上流から

脚注[編集]

  1. ^ テレメータ水位 大栗川(国土交通省 川の防災情報)
  2. ^ 八王子市外国人向け英語・日本語情報紙 2002年春号(八王子市 PDF)
  3. ^ モデル地案内マップ(多摩市市民経済部経済観光課 PDF)
  4. ^ 河川大事典(日外アソシエーツ 1991年)
  5. ^ 浅川圏域、大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図(東京都建設局 PDF)