ニゴイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニゴイ
Hemibarbus barbus1.jpg
ニゴイ Hemibarbus barbus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : カマツカ亜科 Gobioninae
: ニゴイ属 Hemibarbus
: ニゴイ H. barbus
学名
Hemibarbus barbus
(Temminck et Schlegel, 1846)
和名
ニゴイ(似鯉)
英名
Japanese barbel
頭部の拡大写真
ルアーにより釣り上げられた個体。繁殖期の追星が出現している

ニゴイ(似鯉、Hemibarbus barbus)は、コイ科カマツカ亜科に分類される魚の一種で、急流でない沼などに生息する日本の固有種淡水魚。塩分耐性を有し海水中での生息も可能である[1]

形態[編集]

体長は最大60cmに達する。成魚の体色は緑褐色で、1対のひげを持つなど和名どおりコイに似るが、口吻が長く突出し[2]、口は下向きにつく[2]。体型は細長い流線型を示し、より流水に適する形態を示す[2]。背鰭はコイのような前後に長い不等脚台形ではなく、小さく三角形[2]尾びれは二又が深い。

分布[編集]

日本では本州四国九州北部に分布する。このうち中部地方以北の本州と九州北部のものがニゴイで、本州西部と四国のものは近縁種コウライニゴイ H. labeo (Pallas, 1776) (Barbel steed) であるとされている。コウライニゴイは朝鮮半島から中国台湾まで分布する。

生態[編集]

川の中流から下流、大小の湖沼と、淡水域の極めて広範囲に生息する。水の汚れにも比較的強いが、低酸素への耐性は高くない。汽水域にも生息できるが海水耐性は無く、塩分濃度 0.2%以下の水域に多く、塩分濃度 1.5%以上の水域では捕獲されなかった[3]。小石や底がある水域を好むが、それ以外でも生息している。また、低層を泳いでいることが多いが、止水を好むコイ、フナよりも流水への適応性が高い。産卵期は水温の高い地域ほど早く4月-7月で、直径3mmほどの粘着性の卵を産む。稚魚は体側に黒い斑点が10個前後並んでいるが、成長すると斑点が消える。繁殖期のオス個体には、「追星」と呼ばれる白色の瘤状小突起物が出現する。

1980年代後半に筑後川で行われた調査によれば、生後1年から3年程度を感潮域で過ごし、以降は20km以上上流の産卵域のある浅瀬周辺に移動する[3]

食性[編集]

雑食性であるが餌は季節毎に変化し、生息水域で利用しやすいものを餌としている[4]。体長 40mm程度までの稚魚期はプランクトン、成長すると小魚水生生物藻類、小型二枚貝などを食べる[5]。また、成長するにつれて顕著な魚食性を示し[6]、大型個体はルアーでも釣れるようになる[7]。なお、発達した咽頭骨と咽頭歯を備えており、摂食した餌はそこで噛み砕かれて消化管に送られる[5]

漁獲[編集]

ニゴイを目当てに漁獲することは少ないが、栃木県などではサイタタキ漁[8]と呼ばれる専門の漁が行われる。コイやフナウグイウナギなどの大型淡水魚と一緒に漁獲(混獲)されることがある[9][6]。その一方、商品価値が低く大型に育ち膨大な数に繁殖する雑魚であり、シラスウナギやモクズガニなども捕食することから、地域の漁協によっては駆除目的の漁獲も実施される[10]

小骨が多いが、白身の上品な肉質で食味は良好な魚であり[11]唐揚げなどで食べられる他、ヒラメの代用魚とされたこともある[要出典]とされている。

味は良いが骨が多く食べにくい雑魚として扱われ、蒲鉾天ぷらの材料として使われてきた。

別名(地方名)[編集]

  • ミノ
    • 青森県
  • セータ
    • 関東地方
  • アラメ
    • 長野県
  • マジカ
    • 滋賀県
    • 京都府
  • キツネゴイ
    • 大阪府
  • ヒバチゴイ
    • 奈良県
  • イダゴイ
    • 岡山県

など。

近縁種[編集]

ニゴイ属 (Hemibarbus) の魚は中国を中心とした東アジア地域に分布し、8種類ほどが知られる。

日本ではニゴイ、コウライニゴイの他にズナガニゴイ H. longirostris (Regan, 1908)近畿地方中国地方に分布している。全長は20cmほどで、体の背中側は黄褐色の地に小さな褐色の斑点がたくさんある。他の2種類に比べると小型で外見も異なる。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 石崎大介, 淀太我、「耳石微量元素分析に基づいたニゴイ類の塩分環境経験の証拠」 『伊豆沼・内沼研究報告』 2018年 12巻 p.63-71, doi:10.20745/izu.12.0_63
  2. ^ a b c d 本項掲載写真参照のこと。
  3. ^ a b 竹下直彦, 木村清朗:筑後川におけるニゴイの回遊について 『日本水産学会誌』 1991年 57巻 5号 p.869-873, doi:10.2331/suisan.57.869
  4. ^ 霞ヶ浦に生息するニゴイの食性 茨城県農林水産部水産試験場内水面支場 茨城内水試研報 No.44 (2011) , p.25-28
  5. ^ a b 竹下直彦, 木村清朗:筑後川におけるニゴイの食性 『日本水産学会誌』 1995年 61巻 6号 p.860-867, doi:10.2331/suisan.61.860
  6. ^ a b 竹下直彦, 木村清朗:筑後川におけるニゴイの年齢と成長 『日本水産学会誌』 1991年 57巻 1号 p.29-34 , doi:10.2331/suisan.57.29
  7. ^ ニゴイのルアーフィッシング”. 2018年12月19日閲覧。
  8. ^ 小さな旅 水清く心あたたか~栃木県 那須烏山市~ NHKオンデマンド[リンク切れ]
  9. ^ 琵琶湖・三和漁港紹介”. 2018年12月19日閲覧。
  10. ^ 仁淀川漁協 : ニゴイの駆除を実施”. 仁淀川漁業協同組合. 2018年12月19日閲覧。
  11. ^ 週刊つり太郎 釣り魚のレシピ”. 2018年12月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ニゴイ - 河川生態ナレッジデータベース