バーベル (魚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コイ科
Barbel.jpg
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
: バルブス属 Barbus
: バーベル B. barbus
学名
Barbus barbus
Linnaeus, 1758
英名
Common Barbel

バーベル (: Common Barbel、学名 : Barbus barbus ) は、コイ科淡水魚である。バルブス属の他の種の魚と共にバーベルと呼ばれ[2][3]Common Barbel として知られる。

バーベルはヨーロッパから中国に自生し、モロッコイタリアにも導入されている。

バーベルの幼魚

流れの速い水に棲み、成体は体長1.2m、体重12kgまで大きくなるが、通常は体長50 - 100cm、体重1 - 3kg程度である[4][5]

横方向にいくらか圧縮された体形をしており、脂びれはなく、色は濃茶色か灰色のまだらである。下面は明るい色で、ひれは赤みがかっている。

バーベルは、外洋や川の底に住み、川底の岩地や砂地で餌を探す。底生生物甲殻類昆虫の幼虫、軟体動物等を食べる。

オスは3年から4年、メスは5年から8年で成熟し、5月から7月に川を遡って移動し、体重1kgあたり8,000個から12,000個の卵を産む[4][5]。卵は有毒である。

名前や学名に使われるバーベルとは、英語で「魚のひげ」の意味である。英語の伝承では、バーベルはかつて豚魚 (pigfish) と呼ばれていたとされる[4][5]

寄生虫[編集]

  • Aspidogaster limacoides[6]

出典[編集]

  1. ^ Freyhof, J. & Kottelat, M. (2008) Barbus barbus In: IUCN 2009. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2009.2. www.iucnredlist.org Retrieved on 2010-02-11.
  2. ^ Common Names of Barbus barbus” (2006年6月). 2010年10月3日閲覧。
  3. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2006). "Barbus barbus" in FishBase. March 2006 version.
  4. ^ a b c Stephen Gledhill (2006年). “Barbel Homepage”. The Environment Agency. 2008年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月3日閲覧。
  5. ^ a b c Search Results for Barbus barbus”. Environment-Agency.gov.uk. 2010年2月11日閲覧。
  6. ^ Schludermann C., Laimgruber S., Konecny R. & Schabuss M. (2005). "Aspidogaster limacoides DIESING, 1835 (Trematoda, Aspidogastridae): A new parasite of Barbus barbus (L.) (Pisces, Cyprinidae) in Austria". Annalen des Naturhistorischen Museums in Wien 106B: 141-144.

外部リンク[編集]