大岩真由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大岩 真由美(おおいわ まゆみ、1972年4月11日 - )は、日本サッカー指導者、元審判員である。FIFA公認の国際女子主審(2008年度は未登録)。現在は、日本サッカー協会理事。

人物[編集]

北海道室蘭市出身で高校卒業後、少年サッカーとの出会いをきっかけに審判員の資格を取得し、活動を始める。

1999年、女子1級審判員の資格を取得。L・リーグ(現・なでしこリーグ)の主審となる。

2002年、女子国際主審に登録され、U-20女子世界選手権の開幕戦での主審として、FIFA主催大会で日本人女子として初めて笛を吹く。

2004年12月、女性初の1級審判員に認定。

2005年からJFLで主審を務める。

2006年1月2日全国高校選手権2回戦の麻布大渕野辺-高松商戦でも、選手権史上初の女性主審として笛を吹いた。

その後、平日は会社員として働き、週末はJFLなどの主審として活躍。

2007年に行われる女子W杯の主審にも選ばれ2試合で主審を務め、決勝戦では「第4の審判員」を担当した。

2008年シーズン限りで現役審判を引退[1]。ラストマッチは主審を務めた全日本女子サッカー選手権大会決勝戦の日テレ・ベレーザ VSINAC神戸レオネッサ戦(2009年1月1日)であった。

2010年4月、室蘭市の室蘭大谷高等学校女子サッカー部の監督に就任[2]。指導者として同高校を同年から3大会連続で全日本高等学校女子サッカー選手権大会に出場し[3]2012年には皇后杯が授与されるようになった全日本女子サッカー選手権にも初出場を果たした。

2012年6月、日本サッカー協会理事に就任。

脚註[編集]

  1. ^ 室蘭出身のサッカー国内女性審判員、大岩さんが引退 室蘭民報 2009年1月25日閲覧
  2. ^ http://www.city.muroran.lg.jp/main/org1400/documents/2010_06p20.pdf (PDF) - 室蘭市「広報むろらん」2010年6月号20ページ
  3. ^ 同大会は2012年度の第21回大会から、従来の同年8月から翌年1月の開催へ変更されたため、暦年では「3年連続」ではない。

外部リンク[編集]