大多和新輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大多和 新輔
生誕 1869年12月6日
Alex K Hiroshima Mori kamon.svg 周防山口藩
死没 (1933-11-25) 1933年11月25日(63歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1891年 - 1923年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
テンプレートを表示

大多和 新輔(おおたわ しんすけ、1869年12月6日明治2年11月4日[1] - 1933年昭和8年)11月25日[2][注釈 1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。位階勲等功級は正四位勲二等功三級[3]

経歴・人物[編集]

長州藩士・大多和篤義の長男として長門国(現・山口県)に生まれ、1913年大正2年)家督を相続する[1][3]1890年(明治23年)陸軍士官学校第1期卒業[4][5]。翌年、陸軍歩兵少尉に任官する[6]

歩兵第1連隊附、陸軍戸山学校教官、陸軍省軍務局課員を経て、1911年(明治44年)8月に陸軍歩兵大佐歩兵第22連隊長に任官[1][3][5]

ついで、1916年(大正5年)8月に陸軍少将・歩兵第26旅団長を経て、1919年(大正8年)11月に浦塩派遣軍兵站監長に補任され、志岐守治中将に代わり、撤兵まで勤務した[2][4][5]

その後は、1920年(大正9年)8月に陸軍中将を経て、1920年(大正9年)9月に第11師団留守司令官に転じ、1922年(大正11年)8月に待命、1923年(大正12年)3月に予備役に編入した[4][5]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 父:大多和篤義(陸軍軍人、西南戦争に大尉として従軍。のち萩町長)
  • 妻:大多和ウタ(陸軍軍人・守永薫の次女)[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』によると12月25日。

出典[編集]

  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『大多和新輔』 - コトバンク
  2. ^ a b 福川 2001, 153頁.
  3. ^ a b c d 人事興信所 1915, オ102頁.
  4. ^ a b c 福川 2001, 154頁.
  5. ^ a b c d 外山 1981, 93頁.
  6. ^ 外山 1981, 91頁.
  7. ^ 『官報』第1236号「叙任及辞令」1916年9月12日。
  8. ^ 『官報』第2434号「叙任及辞令」1920年9月11日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年。ISBN 4829502738 
  • 外山操 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版、1981年。ISBN 4829500026 
  • 人事興信所 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703995