大塚善章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大塚善章(おおつか ぜんしょう、1934年2月15日 - )は大阪市天王寺区出身のジャズ・ピアニストである。

概要[編集]

学生時代から今日まで50年を越えるジャズ演奏活動の中で、作曲編曲でも数多くの作品があり、アメリカのジャズピアニストホレス・シルバーの影響を受けているといわれる。国内では数々のライブ演奏のほか、テレビ、ラジオや映画にも出演しており、海外でもスイス「モントルー・ジャズ・フェスティバル」に参加するなど、高い評価を得ている。 最近では、鈴木央紹(サックス)、中山良一(ベース)、上場正俊(ドラム)と共に「大塚善章カルテット」を編成し、キャンディー浅田(ボーカル)とのセッションなど関西を中心にライブで活躍している。同時に、自らの健康法としてヨガを習っている。

CD作品に、『ソロピアノアルバム・Be Ambitious』、『組曲・面-OMOTE-』などがあるが、『大塚善章作品集』のなかの「大阪府立高津高等学校校歌」は彼が母校の2年生の時に作曲したもの(作品第一号)をジャズにアレンジしたもので、校歌は今でも歌い継がれている。

履歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]