大和田荘七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大和田荘七の像(福井県敦賀市・敦賀市立博物館

大和田 荘七(おおわだ しょうしち、安政4年2月11日1857年3月6日) - 昭和22年(1947年1月30日)は、日本実業家北前船の船主であり、大和田銀行大和田貯金銀行を創立した。初名、山本 亀次郎。

経歴[編集]

越前国敦賀(現福井県敦賀市)出身。薬種業者であった山本九郎左衛門の次男として生まれる。初代大和田荘七に見込まれ、養子となる。30歳のときに、二代目「大和田荘七」を襲名した。1892年大和田銀行を設立した。

子孫に俳優の大和田伸也大和田獏がいる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この人物のオモテとウラ 「昼の顔」卒業 日刊ゲンダイ2009年9月2日掲載 2009年10月2日閲覧

外部リンク[編集]