大刀 (中国の武器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大刀(だいとう)とは、より用いられる中国のポールウェポンの一種。 關刀、偃月刀などとも言う。満州語ではジャンク(jangkū)。長い柄の先に大きな刀を取り付けた形をしており、虎牙刀、鳳嘴刀、象鼻刀などさまざまな造形のバリエーションがある。青龍偃月刀が特に有名だが、なぜかである柳葉刀と混同されることが多い。

長い柄に幅広の片刃の刀身を付けた武器で、刀身の重量をもって「たたき斬る」のを目的とする。

種類[編集]

斬馬剣
後に大刀と二郎刀(三尖刀・三尖両刃刀)に分岐する。
大刀
長い柄で大きい刀身の武器(「斬馬剣」の頁も参照)。刃の重さで斬る。
代には大刀の種類として屈刀、掩月刀(偃月刀)、眉尖刀、鳳嘴刀、筆刀が存在したとされる。南宋初期には対重装騎兵用の武器として、大斧と共に重装歩兵の標準武器となるが、火器の発展と、重量からくる扱いづらさも相まって兵器として第一線より退くことになる。
屈刀
掩月刀/偃月刀
青龍偃月刀
眉尖刀
人の眉のような形の刃に由来する(「斬馬剣」の頁も参照)。刃の根元には鍔が設けられており、敵の攻撃を受け止める事も可能となっている。
日本の薙刀に最も近い形状をしており、実戦的な武器として宋代で最も常用されたと言われている。
鳳嘴刀
筆刀
二郎刀
名は中国の英雄神「二郎真君(じろうしんくん)」に由来している。
長い柄に両刃の長い刃先のある剣身を付け、切先は三つに分かれており『三尖両刃刀(さんせんりょうじんとう』とも呼ばれる。
剣身の長さは全体の1/3程で75cmほどある物もあり、刺突だけでなく重さを利用した斬撃も可能。


代には偃月刀と鉤鎌刀が存在したが、偃月刀は重すぎるために訓練用とされ、武器としては鉤鎌刀のみが用いられた。には緑営で挑刀(lasihire jangkū)、寛刃刀、片刀、虎牙刀が使用されたが、全体的に小型化している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]