方天画戟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

方天画戟(ほうてんがげき)は、中国の武器の一つ。

方天戟の一種で、本来なら両側に取り付けられている三日月状の「月牙」と呼ばれる横刃が、片方だけに付いている。普通、月牙が片方のみに設けられた方天戟を「青龍戟(せいりゅうげき)」「単戟(たんげき)」もしくは「戟刀(げきとう)」と呼ぶが、その中でも特に後述の呂布が愛用した戟は「方天画戟(ほうてんがげき)」または「双戟(そうげき)」と呼ばれた。

小説『三国志演義』では、特に呂布が愛用する武器として描かれているが、正史には登場しない(そもそも原型の方天戟共々、朝以降に実在する武器であり、3世紀には実在しない)。また、小説『水滸伝』では呂布に傾倒した呂方をはじめ多数の人物の武器として登場する。