大井際断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大井 際断(おおい さいだん、1915年(大正4年)2月26日 - 2018年(平成30年)2月27日)は昭和平成時代の日本禅僧

人物[編集]

兵庫県西宮市出身。室号は大隠窟、道号は際断。法諱は令碩、俗姓は大井。1990年(平成2年)に臨済宗方広寺派管長並びに方広僧堂師家に就任、1990年より2018年まで務めた[1]2018年(平成30年2月27日)遷化世寿104。

生涯[編集]

1915年(大正4年)、兵庫県西宮市に生まれる。6歳のとき、西宮市の臨済宗東福寺派茂松寺和尚、かつ実父の大井洞雲について得度した。

京都帝国大学文学部哲学科を卒業後、1940年(昭和15年)に家永一道のいる京都の東福僧堂掛搭。しかしその後、第二次世界大戦のため兵役により京都を離れ、戦後1948年(昭和23年)に茂松寺住職となり、その頃から再び京都東福僧堂の家永に通参し参禅。

そして家永が愛知県犬山の妙心寺派瑞泉寺閑栖になると、大井も瑞泉僧堂転錫。その後、家永一道の法嗣となる。そして花園大学教授として禅哲学を教えていたが、1960年(昭和35年)4月、大分の妙心寺派萬壽僧堂(万寿僧堂)師家に就任し、1975年(昭和50年)3月まで15年間在任した。その後、妙心寺山内にある四派の一つ東海庵住職となる。東海本庵でも雲水見習いや花園大学生更に居士等を指導しつつ、15年間住職として留まった。

そして1990年(平成2年)に大井は方広寺派管長・方広僧堂師家に就任した。また萬壽僧堂師家から方広寺派管長となったのは足利紫山奧大節に続き大井が史上3人目である。また大井は関雄峰永源寺派管長)との縁で、座禅指導のためにドイツ各地を訪れ教化に努めた。

2018年(平成30年)2月24日、浜松市高町半僧坊別院の座禅会で無門関を提唱し、満で103歳の誕生日を迎えた2月26日に身体の容態が急変し、翌日の27日に三方原聖隷病院急性肺炎により死去[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 臨済会『昭和・平成 禅僧伝 臨済・黄檗篇』春秋社、2010年9月1日。ISBN 978-4393141151
  2. ^ 季刊 禅文化 248号禅文化研究所、2018年4月25日。
  3. ^ 臨済宗青年僧の会老躯に鞭て専ら深恩に報ん不二、1991年7月。

外部リンク[編集]

先代:
荒金天倫
臨済宗方広寺派管長
1990-2018
次代:
安永祖堂
先代:
奥大節
臨済宗妙心寺派萬壽僧堂師家
1960-1975
次代:
西尾宗滴